« 休日出勤と軽トラ | トップページ | マツダスピードアクセラを選んだ理由4 完結編 »

2010年10月19日 (火)

マツダスピードアクセラを選んだ理由3

我が将軍の暖かい言葉を胸に、マツダのディーラーで私は頭を抱えていた。
営業マン:「どっちにする?」
私:「うーん・・・」
営業マン:「もう1回乗ってきたら?」
私:「そうしますわ」

わざわざ台数の少ないRX-8の試乗車を用意してもらい、改めて自宅まで乗りつけた。
後席に何回も座ってみる。トランクも何度も開けては閉め、確かめてみる。
・・・どう考えても狭い。
後席のセンタートンネル。車体の剛性確保には必要なのは解る。
うーん、でも、やっぱり4人しか乗れない。

これから2児を育てていくのである。チャイルドシート云々はどうとでもなろう。
チビ二等兵がデパートの駐車場で勢いよく、この観音開きのドアを開け放ち、隣の車にガツン!となる光景が目に浮かぶ。
しかし、何より重要なのは、「おばあちゃん」である。
チビ軍曹とチビ二等兵を誰よりも愛してくれる、おばあちゃん。4人乗りでは彼女の座る場所がないではないか・・・。
あとはトランク。スポーツカーなら何かを諦めねばならぬのは承知の上。そう考えれば、RX-8のトランクは十分な大きさである。しかしパンパースの箱は2つ入ったらいっぱいか?スキー道具4人分はどうだ?キャリア?まぁそれはそれでアリだろうけど。
・・・・やはり日常的に不便なのは否めない。
そこまでして乗るのか?

どうしても選択肢を広げるしかなかった。
後輪駆動に拘るなら、BMW 130iを。V6エンジンに拘るならゴルフR32を。それぞれ試乗に行った。アルファ156GTA、147GTAも考えた。
Bmw130i_2

将軍:「舶来のものは身分不相応である。20年後にその夢を叶えるのが妥当である。」

私にはどういう身分なのか理解できなかったし、20年後に今の情熱を保つ自信もないが、そこは将軍のお言葉である。無下にはできない。
舶来品はやめておくことにした。
かくして壇上に登ったのが、ちょうど新型に切り替わるタイミングのマツダスピードアクセラであった。
Ms
2300ccのターボエンジン、足回りを強化し225/40R18タイヤを履く。そして夢の手動変速機6速である。4枚のドアがあり後席も我慢の必要なし。もちろん、おばあちゃんも座ることができる!
惜しむらくはFF、即ち前輪駆動であることのみ。

果たして、おばあちゃんなのか、後輪駆動を諦めるのか。
ここで冒頭の場面。ディーラーのテーブルにRX-8とマツダスピードアクセラのカタログを広げ、私は考え込んでいるのである。

|

« 休日出勤と軽トラ | トップページ | マツダスピードアクセラを選んだ理由4 完結編 »

MSアクセラ」カテゴリの記事

コメント

タクマロンさんのように二台持ちが理想かなあ。さずかに将軍の了解が得られないけど。

投稿: シホインド | 2010年10月20日 (水) 09時04分

ん~、将軍強し!

まぁ小さい子供がいると大分基準が変わりますよね。

その中でいかに満足度の高い選択を出来るか…、というか、選択に満足する理由付けをするか…かな。

投稿: タクマロン | 2010年10月19日 (火) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日出勤と軽トラ | トップページ | マツダスピードアクセラを選んだ理由4 完結編 »