« マツダスピードアクセラを選んだ理由3 | トップページ | 家族でサーキット、子供とサーキットの楽しみ方1 MSアクセラ »

2010年10月20日 (水)

マツダスピードアクセラを選んだ理由4 完結編

将軍:「ところでコマンダー、クルマの話はどうなったのか?」
私:「買いました」
将軍:「買った?何を買ったのか?」
私:「将軍。RX-8は家族想いのクルマでないという結論に至りまして、より実用性を重視したアクセラで判子をついてきました。ただ、アクセラといいましても手動変速機、つまりクラッチのあるスポーツカーであります。」
将軍:「・・・・・・・。」

どうも雲行きが怪しいようである。
どうやら我が家の将軍は、私が本当にクルマを買ってくるとは考えていなかったフシが感じられた。

将軍:「余は再び教習所なるものに通わねばならぬのか・・・?」
私:「御意。その教習所分の値引きは勝ち取ってございます」
自分でも何を言っているのかわからなくなった。
やはりワインを食しながらの軍令部会議がマズかったようだ。

かくして我が将軍の教習所通いが始まった。
私は全精力を傾けてAT限定解除を、祈った。祈っただけである。

・・・数週間後、二俣川の免許センターからの一報。
「限定解除、成功ナリ」

さすが将軍である。はじめのお言葉通り、結果は後からついてきた。
もう心は一点の曇りもなく、澄み切った青空のようであった。

Ms0001_2
苦難を乗り越えて迎えた納車の日。
右が現車のBK3Pアクセラスポーツ23S、左が新車BL3FWマツダスピードアクセラ。
今思うと、23Sは珍しい本革シート仕様を選択したこともあり、内装が気に入っていた。また、端正なスタイリングで身のこなしの軽い素直なクルマであったように思う。
それでも、あえてこの決断をして、手動変速機を手に入れた。
後輪駆動は見送りになったことが悔やまれるが、現在の日本の自動車市場を考えれば、どうしようもなかったと言わざるを得ない。

ひとまず、将軍には感謝して乗せていただくことにする。
しかし、この後必ずしも幸せが待っていたわけではなかった。

「マツダスピードアクセラを選んだ理由」
完)

|

« マツダスピードアクセラを選んだ理由3 | トップページ | 家族でサーキット、子供とサーキットの楽しみ方1 MSアクセラ »

MSアクセラ」カテゴリの記事

コメント

いきさつがあって、結果、完全に事後報告でしたね。
あれはやり過ぎたと反省してます。
が(笑、後悔は無しです。トーゼン。

お互い、仕える先はなかなか恵まれている、と思います。
軍を編成するにはいろいろ大事にしなきゃいけないものがありますね。

投稿: シホインド | 2010年10月21日 (木) 22時30分

事後報告とは大胆な!
でもいい将軍に仕えているようですね!

うちの場合は最後に背中を押してもらっています。
曰く、「いいんじゃないの」

投稿: タクマロン | 2010年10月21日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツダスピードアクセラを選んだ理由3 | トップページ | 家族でサーキット、子供とサーキットの楽しみ方1 MSアクセラ »