« 第3回袖森フェスティバル 10/3開催 | トップページ | マツダスピードアクセラを選んだ理由1 »

2010年10月14日 (木)

家族とスポーツカー クラッチ編

Msaxelablog

このブログのテーマの一つ、「家族とスポーツカー」
既に二児をもつ父親としては少々とんがった選択であることは否めない。
上の写真が問題のそれであるわけだが、名をマツダスピードアクセラという。詳しい性能はその類の資料に譲るとして、2.3Lターボで前輪を駆動、260馬力を超えるパワーを絞り出す。何よりマズいのは、そもそもギアが手動式。つまりマニュアルだということだ。
この時点で家族をないがしろにしてないかということになるわけだ。
どうしてこうなったかは別の機会に譲るとして、やはり我が家のママは運転をしなくなった。
「クラッチ」という、男のロマンをくすぐる一本のペダルが彼女の人生に影響を与えたわけだ。
そこに辿り着くまでには確かにお互い努力があった。しかし、やはり「クラッチ」なるものは高い氷壁となって彼女の前に立ちはだかった。

今夜は未だ乗らせていただいていることに感謝して眠りにつくことにする。
つづく。

|

« 第3回袖森フェスティバル 10/3開催 | トップページ | マツダスピードアクセラを選んだ理由1 »

MSアクセラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第3回袖森フェスティバル 10/3開催 | トップページ | マツダスピードアクセラを選んだ理由1 »