« 日産ウォーターパークへ マツダスピードアクセラで | トップページ | 11/20秋のこどもの国 マツダスピードアクセラで »

2010年11月15日 (月)

BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 概論編

Msaxelablog
BL3FW マツダスピードアクセラ

現時点で購入してから1年半経つ。
購入に至るまでの経緯は、過去に記した通りである。
マツダスピードアクセラを選んだ理由1
マツダスピードアクセラを選んだ理由2
マツダスピードアクセラを選んだ理由3
マツダスピードアクセラを選んだ理由4 完結編

このクルマに興味を持たれる方の多くは、排気量2260ccの直列4気筒ターボエンジンが搾り出す264psというパワーに魅力を感じるだろう。そして、それが268万円で販売されていることは、性能比でみると非常に安価に感じられるのではないだろうか。
この種のスポーツ車の購入を考えたときに、現時点における比較対照となり得るものを挙げる。全て4ドア車でファミリーユースにも耐えうるパッケージのクルマたちである。
BMW 130i 258ps 約515万円
ゴルフR 256ps 約505万円
ゴルフGTI 211ps 約360万円~
ランサーエボリューション 300ps 約379万円~
インプレッサSTi 308ps 約369万円~
マツダスピードアクセラ 264ps 268万円~

いかにマツダスピードアクセラの価格が安価であるかがわかる。
パワーが210psのとゴルフGTIと比べても100万円程度安い。
輸入車は税金や諸経費を含んでいるので高めに設定されることを加味しても、やはり随分と割安感がある。
性能が同等以上なら、安いほうに触手を動かされるのは消費者として当然の心理である。
やや高めのプライスをつける輸入車を所有することに特別なこだわり(憧れ)がなければ、なおさら購入費用は重要なファクターである。
しかし、クルマが工業製品である以上、その価格にはきちんとした理由がある。コストにマジックはないのである。良い部品或いは、ブランド品を使うと当然コストに反映される。
ここではクルマの良し悪しを語るのではなく、マツダスピードアクセラが安価な理由について考えてみる。

Msaxela0008
欧州でいうところのCセグメントに類するアクセラであるが、マツダスピードアクセラの車重は1450kgに達する。

もっとも顕著に表れているのが車両重量だ。BL3FWマツダスピードアクセラの車両重量は1450kg。先代レガシィB4の最上級グレードでも1450~1480kgであった。4WDのレガシィに対してFF車のマツダスピードアクセラが1450kgである。2000ccの20Sグレード1340kgに対して、エンジンのターボ化とその補機類、ボディ各部の補強、18インチタイヤ、電動シート、サイドエアバッグ等々を追加し110kgもの増加である。
残念だが、開発の過程であまり軽量化が考慮されているとは思えない。高価な部品を使ってまで軽くしようとする意図は感じられない。
Msaxela0001_2
マツダスピードアクセラのフロントブレーキキャリパーと、320mmサイズのディスクローター

量産工業品の場合、部品の共用化はコスト抑制に効果的である。
例えばブレーキキャリパーとローターについては、どうやらアテンザやMPVの上級グレードと同一品と見受けられる。エンジンもMPVやマツダスピードアテンザで実績のある量産品をチューンしたもの。タイヤはダンロップのSP SPORT2050で、ライバルがPOTENZA RE050を標準とするのに対してコストを意識したグレード選定である。
内装で言えばシート。これはマツダ内製品で本革仕様ではあるが、正直なところあまり特別感のあるものではない。悪くはないが、レカロなどのブランド品に比べると、やはり差があることは否めない。
こうしてみてみると、概ね多くの部品において数が見込める量産部品をベースに、セッティングをチューンする程度にとどめていることが伺える。どちらかというと、車体各部のターゲットコスト(原価)が決められた中で、開発陣がそれに見合った部品選定を行った結果とみるべきであろう。
なるべく価格を抑えて、かつ、性能に見合うだけのスペシャル度を持たせようとした意図が伺える。マツダスピードアクセラとは、そういう位置付けのクルマである。

BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 純正タイヤ編 に続く

|

« 日産ウォーターパークへ マツダスピードアクセラで | トップページ | 11/20秋のこどもの国 マツダスピードアクセラで »

MSアクセラ」カテゴリの記事

コメント

本革電動シートってレカロより安いん?

投稿: | 2013年5月 8日 (水) 00時53分

how are you!This was a really splendid theme!
I come from roma, I was luck to find your Topics in wordpress
Also I get much in your blog really thanks very much i will come again

投稿: bet365 | 2010年12月 5日 (日) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日産ウォーターパークへ マツダスピードアクセラで | トップページ | 11/20秋のこどもの国 マツダスピードアクセラで »