« BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 装備編1 | トップページ | 12/25クリスマス会2010 »

2010年12月23日 (木)

BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 日常使用編

Msaxela0010

BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感シリーズも回を重ねてきた。
BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 概論編
BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 純正タイヤ編
BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 装備編1

今回は日常使用編である。

 乗り込んでスタータボタンを押すと、マツダスピードアクセラの直噴ターボエンジンは盛大な排気音と共に始動する。特に冷間時からの始動では昼間の住宅街でも引け目を感じる程の音量である。電子制御によって暖機期間が制御されており、初動時のエンジン回転数は2000rpm弱に維持される。エンジンが暖まるにつれ徐々に回転数は落ちてくるが、この状態でギアをつなぐとギクシャクした走りになりがちである。
 クラッチペダルを押し込むための踏力は、はっきりと重い。あえて重いセッティングとしているのかもしれない。プレートのつながりも強力で、雑なクラッチ操作をするとガツンという衝撃で操作のミスを車体を通じて伝えてくる。クラッチと同様にシフトレバーとステアリングも操作感は重い。操作系全てに重さが感じられ、どうしてもハイパワー車に乗っていることを意識させられる。もちろん時間と共に慣れてはくるのだが、運転することを趣味とする人に向けられたクルマであることは間違いないだろう。
Msaxela0004_2 

 駆動系については、まずシフトチェンジの際の「カチャ、カチャ」という音がボンネット下から聞こえてきて、マニュアルシフト車に乗っていることを意識させられる。FF車のため、シフトレバーとトランスミッションは当然ワイヤーリンケージで結ばれている。'90年代までのFF車のシフト感はストロークも長く、フニャっとしたものが多かった。私自身もBG8RファミリアGT-Xを所有していたので、そのグニャグニャしたシフト感には不満を覚えたものである。その頃に比べると、このマツダスピードアクセラのシフト感は格段に改善されている。ストロークも短く剛性感もある。ただし、RX-8やRX-7のようなFR車のレバーとリンケージが剛結された感触には残念ながら及ばない。シフト感にこだわる人も多いので、FFのマニュアルなんて・・・という意見もあるだろう。
シフトについては不満点もある。マツダスピードアクセラ所有者はみな感じているであろうが、3速→2速の入りが悪いのだ。街中でもサーキットでも最も多用するところであり、特に高回転でのシフトダウンを要する場合には細心の注意を払って操作をしないと、シフトミスを引き起こしやすい。

0001

 エンジンはパワーがあるのはスペックからも判断できるし、実際もその通りである。十分なパワーをもって前輪駆動で車体を引っ張る。今の世の中、お金さえ払えば1000馬力だって手に入る。264馬力がどのくらいのものかよりも、語るべきはそのクルマの価格(車格)に対して質感がどうかという点だろうか。マツダのターボエンジンは、ファミリアの時代からロングストローク設計で、低回転域でも力が出せる設計だ。乗り継いだ経験から言って、その基本思想は変わっていない。マツダスピードアクセラのL3-VDTでも同じだ。スバルのEJ20がショートストローク設計で8000rpmまで回り切るのに比べ、L3型は高回転が苦手だ。6000rpm付近でそれ以上回りたがらない素振りをみせる。回転落ちもあまり早くない。ミニバンのMPVに搭載することがそもそもの発端であったであろうL3-VDTは、その成り立ちからいって止むを得ない性格を抱えている。しかしながら、6速MTとの組合せにおいては、エンジンのレスポンスはいい。3速までは当然として4速2000rpm以下からでも十分な力感を伴った加速をみせる。約3000rpmからのフルブースト時は、車体前部をフワリと浮かせて直線でもトルクステアを生じさせる。
その味わいや感触において、あくまで量産エンジンの域は出ていないが、非常に爆発力のあるエンジンであると結論する。

2010sly0005
 マツダスピードアクセラというクルマの購入にあたって、「乗り心地」というキーワードを気にかけている場合は、間違いなく選択肢から除外するのが賢明だろう。雑誌やネットのインプレッション記事で最近よく目にするのが、「全体には硬めの乗り心地ではあるが、速度を上げていくとしなやかな味付けで・・・」というものだ。間違っているとは言わないが、都市部の生活者にとっては日常的な使い方は、ほとんどが街中のストップ&ゴーである。その点にフォーカスすれば、このクルマは「乗り心地が悪い」と断定できる。街中のマンホールや路面の凹凸では身体が上下動し、常に内臓が揺さぶられる感じがする。更に残念なことに、純正のハーフレザーシートの出来が良くない。ただし、「良くない」というのは、レカロ等の実績あるメーカーの製品に比べた場合の話である。特に身体を主に支えるファブリック部分が平板的で、包み込まれるような感覚が薄い。またこのファブリック部分の反発力や材質が安っぽく、長距離のドライブでは明らかに腰の疲労が激しい。試乗でパッと乗っただけでは判断しにくい部分である。このクルマのパフォーマンスからいえば、もう少しコストをかけて、例えばメーカーオプションでも一流メーカーのシートを選択できるのが望ましいだろう。車両価格268万円を実現するために開発過程でカットされたものの一つである。
Msaxela0003
マツダスピードアクセラの純正シート

乗り心地が悪いと述べてきたが、もちろんそれは一面の事実であるが、引き換えに手にしたものがある。それはサーキットなどにおけるスポーツ走行にも耐えうる足回りだ。
これについては次回以降に述べることとしよう。

|

« BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 装備編1 | トップページ | 12/25クリスマス会2010 »

MSアクセラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 装備編1 | トップページ | 12/25クリスマス会2010 »