« クリスマスイルミデコレーション(電飾)2010 | トップページ | 12/4沼津魚ツアー 帰りに御殿場高原時之栖 失敗 »

2010年12月 5日 (日)

BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 純正タイヤ編

BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 概論編 に続く第2弾

12/11(土)にロッソコルサというイタフラ車専門店(イタリア、フランスの略)が開催する走行会に参加する。その準備としてマツダスピードアクセラのタイヤローテーションを実施。
これを機会に「BL3FWマツダスピードアクセラ所有者が語る使用感 純正タイヤ編」として記してみたいと思う。
Msaxela0003
タイヤローテーションは、片側の前後を同時にジャッキアップする必要がある。
ジャッキが2つ必要になるので、面倒な作業の一つと言えるだろう。

走行距離約15000キロ、1年半で走行会に4回参加。袖ヶ浦3回、FSW(富士)1回という来歴にして、タイヤは下の写真のような状態になる。

Msaxela0001
左フロントタイヤ

Msaxela0002_2
左リアタイヤ

タイヤは純正装着のまま。銘柄はダンロップのOEM品SP SPORT2050である。
左フロントタイヤのショルダー部、つまり角にあたる部分が過剰に磨耗していることがわかる。マツダスピードアクセラはハイパワーFF車であるため、当然フロントタイヤの消耗が大きい。ただ、このショルダー部がここまで磨耗するのは、サーキット走行を重ねたためであり、日常の走行ではこのような磨耗はしない。
ここでマツダスピードアクセラの操縦特性の話になる。重いターボエンジンとトランスミッションをフロントアクスル(車軸)の前にハングするため、どうしてもフロント荷重が大きくなる。これは大パワーのFF車では止むを得ない。このため、サーキットのコーナー部ではしっかりと減速してからステアリングを切り込まないと、盛大なアンダーステア(クルマが曲がらずにまっすぐ行こうとする現象)に見舞われる。ステアリングを切り込むとき、ボンネンットの中の重さを感じるのだ。あえて言葉で表現するなら、ギュウっとブレーキで減速してから、エイッという感じで切り込んでやらないと曲がり始めない。もちろんあくまでも感覚的な話であるが。減速が不足すると、あからさまにフロントタイヤが悲鳴を上げてしまう。このあたりがピュアなスポーツカー(例えばホンダS2000など)とは操縦感覚が全く違う。

0002_1
 旋回中の動きとしては、たいがいのコーナーにおいてリアのスタビリティは盤石である。コーナーリング中にどんなにアクセルを開けても、フロントタイヤが悲鳴をあげてアンダーステアが強まるばかりで、リアタイヤが滑り出すような動きは微塵もみせない。メーカー側の設計としては安全方向のセットアップである。特に低速~中速コーナーでは、ドライバーはフロントタイヤのグリップ状態に集中してアクセル操作をすればよい。反面、アクセル開度によってクルマの向きを変えられる後輪駆動車のような操縦特性は持ち合わせていない。この点についてはいささか面白みに欠ける部分であると、個人的には感じている。速く走らせるにはそれなりの技巧を必要とするのだが、クルマとの一体感を得るという点では所有者として正直なところ今一歩なのである。
なお、純正タイヤのグリップ性能は特筆するほど高いものではないが、滑り出すときの動きは穏やかで、きちんと鳴くことでその限界を伝えてくる。225/40R18という扁平率の低さとも相まって、大きな横Gがかかるコーナーでもタイヤのヨレるような感覚は少なく、剛性感は高いといえるだろう。※実際には相当タイヤはヨレている。

 上の写真のショルダー部の磨耗は、フロントの重いFF車を強引に曲げようとして、過度にフロントタイヤに負担をかけている証であろう。もっとクルマの旋回特性を理解して、クルマにとって負担が軽くなるようなドライビングスキルを身に付ける必要がありそうだ。

次回はサスペンションやブレーキなどのシャシー性能に焦点をあててみたい。

|

« クリスマスイルミデコレーション(電飾)2010 | トップページ | 12/4沼津魚ツアー 帰りに御殿場高原時之栖 失敗 »

MSアクセラ」カテゴリの記事

コメント

ほうほう。参考になりますね。
袖ヶ浦で試してみたい。
でも、、乗ってる感覚として、どうにもリアを振り出せるような気がしないくらい安定してるんですよ。

そうそう、2/6は第4回袖森フェスティバルだそうです。
3LAPのスタンディングスタート形式を2セットやるクラスが新設されるようで、ちょっと魅力的かも。
いつものようにポルシェばっかりだと、やっぱりおいていかれるかも。

投稿: シホインド | 2010年12月 9日 (木) 13時07分

FFはちょっとオーバースピード気味にコーナーに進入、強いブレーキングでフロントに荷重をかけてぎりぎりのグリップで一気にステアリングを切り込みリアを振り出す(フェイントかけるのもあり)。そこですかさずガバッとアクセル開けて、今度はフロントが逃げ出すことでオーバーを打ち消し、そのまま4輪スライドで立ち上がっていく…

言うのは簡単ですが、雪道とかならまだそれっぽく走れるけどね~。
あっ、決してスポーツランドやまなしでは試さないように。あそこはクラッシュします!

投稿: タクマロン | 2010年12月 9日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスイルミデコレーション(電飾)2010 | トップページ | 12/4沼津魚ツアー 帰りに御殿場高原時之栖 失敗 »