« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

BL3FWマツダスピードアクセラvsゴルフR32vsゴルフGTI

このブログを訪れていただく方の傾向をみていると、BL3FWマツダスピードアクセラとゴルフの比較に興味がある方が少なからずいるようである。
2車は5ドアハッチバック、欧州仕込みの足回り(というイメージ)といった共通点から比較興味の対象となるのかもしれない。
価格は当然輸入車であるゴルフのほうが高価であり、ゴルフGTIとの差で約80~100万円、ゴルフR32とは200万円もの差がある。

クルマのスペックやデザインといった部分については雑誌記事などで多く語られているので割愛する。
ここでは、サーキットにおける速さについて記してみたい。
よく「xxxとxxxではどちらが速いか?」といった質問が見受けられるが、そもそも一般公道でクルマの速さの比較など意味がないことは明白。
サーキットであったとしても、アマチュアドライバーがドライブする限りクルマの性能よりも運転技術の差のほうが大きい。それは経験や操作の正確さに依存し、クルマのパワーの差はドライバーの技量によって逆転してしまうこともしばしばである。

しかしながら、技量の差があってもクルマの速さを比較できる箇所が存在する。誰でもアクセルを全開にできるサーキットの直線加速である。
あくまでサーキットの直線加速において、私の経験からクルマの比較をした結果である。
先に答えを書いてしまおう。
BL3FWマツダスピードアクセラを100とすれば、
ゴルフⅤのGTI:90
ゴルフⅤのR32:105
といった感じである。いずれも無改造での比較。

ゴルフⅤのGTIは200psの2リッターターボで、264psのMSアクセラが加速で勝る。これはサーキットのコーナー立ち上がりなどで明らかであった。また、先行するGTIに追いつく場面にもしばしば遭遇したので、概ね加速においてはMSアクセラが勝っているといえるだろう。

ゴルフⅤのR32は250psの3.2リッターNAエンジンに4WDである。直線における加速はMSアクセラとほぼ同等である。コーナーに進入してからは4WDのトラクションの良さを遺憾なく発揮し、鋭く立ち上がって少し差をつけられる。
その様子を写真で追ってみよう。場所は袖ヶ浦フォレストレースウェイ。
ゴルフR32のドライバーはかなり腕の立つ方と見受けられ、ベストラップは1分20秒台前半。対する私のベストラップは1分22秒台であるから、ラップタイム差は約2秒。

Golfr32vsms0001
袖ヶ浦最終コーナーの進入。MSアクセラ車載カメラから。先行車がゴルフR32。

Golfr32vsms0002_2
クリップポイントにつきながら、ゴルフR32は4WDのトラクションで4輪ドリフト気味に立ち上がり。

Golfr32vsms0003
立ち上がって3速全開加速。

Golfr32vsms0004
ゴルフR32のDSGの変速は速い。エグゾーストもNAらしく抜けるような音質。

Golfr32vsms0005
3速6000rpmでシフトアップ。あまり差は開かない。

Golfr32vsms0006
4速全開でシグナルブリッジを通過する。両車ほぼ同間隔のまま

Golfr32vsms0007
1コーナー手前でブレーキング。3速へシフトダウン

Golfr32vsms0008_2
1コーナー旋回中。

Golfr32vsms0009_2
1コーナーから3速全開で立ち上がり加速。
このあと2コーナー以降で少しずつ離されていく。

ということで、直線では同等の加速を見せるも、トータルのラップタイムでは2秒以上差がひらく。タイヤをハイグリップに変え、腕を磨いていったとしても、純正の足回りのままではゴルフR32には及ばないかもしれない。(あくまでエンジン無改造が前提である。)
BL3FWマツダスピードアクセラも安定感のある走りをみせるが、ゴルフR32の走りはそれ以上である。
ちなみに、ゴルフR32はポルシェ ケイマンS及びボクスターSと同等以上のポテンシャルを秘めている。
かなり手強いライバルである。




| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

北海道バックカントリースキー遠征 ギア(用具)準備編

たまには話題をクルマから離してみよう。
近日中に北海道はニセコ地区へスキー遠征を予定している。スキーといってもスキー場のエリア外に出ていき、非圧雪の斜面を滑ろういう、いわゆる「バックカントリー」と呼ばれる類のものである。
筆者は、十年来の仲間と チームMP ※MPはモーグル&パウダーの意 というスキーチームに所属している。チームを立ち上げた1998年当時は、長野オリンピックのモーグル競技で里谷多英が金メダル勝利をしたことも手伝って、フリーライドスキー、モーグルスキーの機運が高まっていた時期である。八方尾根の兎平&黒菱のコブ、苗場、川場などへ繰り出していた。
その後もチーム自体は活動しているのだが、自分自身は近年の忙しさに負けて、チームの仲間と滑りにいく機会がなくなっていた。
ここにきて改めてスキーに対するモチベーションが戻ってきたこともあり、今回のニセコ遠征となった。

バックカントリーと一口にいってもリフトを使ったお手軽なものから、完全に冬山登山と同等のスキルを要するものまで、その目的によって様々である。しかし、例え入門編のお手軽なものであっても、バックカントリーエリアに入る以上はリスクが伴う。リスクというのは要するに雪崩或いは遭難である。管理されたゲレンデで滑るのとは異なり、自己責任で臨む必要がある。
このため、多くの専用装備を携行する必要があるが、これが全くもって一般的ではなく、マニアなギアばかりなのである。
ひとまず、ここに広げてみる。
Gearofbc0013
・・・・・・。多すぎ。しかしこれでも全てではない。他にもいくつか必要。

Gearofbc0023
まずはスキー板。ベクターグライド オムニー2006モデル 180cm シェイプは120-80-110
金具はLOOK製

Gearofbc0017
ブーツ FT(フルティルト) CLASSIC(クラシック)
2002年ソルトレーク五輪で金メダルに輝いた、フィンランドチームのヤンネ・ラハテラ(現日本モーグルチームコーチ)が愛用していたことで知られるモデル。
デザインが一般的なブーツとは異なるが、プラスティック部分が多く軽量であることが特徴。

Gearofbc0019
アウターはマウンテンハードウェア製のConduit生地 ベンチレーション機能付き
パンツはホグロフス ゴアテックス生地
登高の発汗を考慮して、各所がジッパーで開放されるようになっている

Gearofbc0020
グローブ トーバート製 紛失や水濡れを考慮して予備が必要

Gearofbc0022
ヘルメット GIRO製 SEAM
ゴーグル WEPS及びBolle
一時期モーグラー御用達だったフューチャースネイクが予備
ゴーグルも紛失対策で予備を持っていく

Gearofbc0016
そして、雪崩対策用ギア
スノーショベル arba(アルバ)製 snow Plume 380g 軽量で丈夫なほうが良い
ゾンデ棒(プローブとも言う) BlackDaiamond製 ツアープローブ265
※ゾンデ棒とは、雪崩に埋まった人を探すときに雪面に刺して探索するもの
 もちろん使う機会がないのが一番である
この他にビーコン発信機が必携なのだが、今回は仲間のものを借用する

Gearofbc0018
モンベル スキートレーサー
パウダーの中で板が外れたときに、板の場所を特定するための小物
そう、こんなものまで必要なのだ。。
Gearofbc0015
そして、、これらの道具たちをいれるバックパック
ドイター製 容量は35リットル
両脇にスキーを装着したり、疲労軽減のための背面加工、防水対策など、バックカントリー用に特化して設計されている

Gearofbc0012
登高用スキーシール(スキンとも言う)
モンベル製
10cm単位で切り売りされていて、DIYでスキーのサイドカーブに合わせてカット

他にもたくさん携行品はあるのだが、主なものでもこれだけある。
これからしばらくはバックカントリーの話題が続きそうである。



| | コメント (11)

2011年2月18日 (金)

2/12アサマ2000パークスキー場 BL3FWマツダスピードアクセラで

Karuizawaski0002 Karuizawaski0001_2

1年で最もスキー場が賑わう2月の3連休。今年は前日2/10木曜日からの寒波到来により、甲信越のみならず、南関東の横浜でも降雪の状態。
先週の第4回袖森フェスティバル(走行会)から一転、急いでタイヤを交換、キャリアを装着してクルマをスキー仕様に仕立て上げた。
早朝に横浜を出発、向かうは「アサマ2000パーク」スキー場である。
ここは佐久ICからアクセスするのが近いが、佐久の市街で既に道路は圧雪路と化していた。
アサマ2000へのアプローチはかなり厳しい。除雪はされているものの、勾配のきついカーブが続き道のりは長い。スタッドレスタイヤを装着しているとはいえ、所詮は2WD車。これまで乗り継いできた4WD車との違いを痛感する。

今回の目的はチビ軍曹、チビ二等兵それぞれがスキー板に乗るという、いわゆるスキーデビュー戦。
Karuizawaski0004
まずはソリからスタート
Karuizawaski0005
ちゃんと下へ向かって滑りましょう
Karuizawaski0006
1日目は持参したプラスティック製のオモチャスキーで足慣らし。
しかし、チビ2人でのスキーは本当に世話が焼ける。おかげでロクな写真が残っていない。転んで立てなくなるわ、板が外れるわ、挙句に「もうやらない」など、散々苦労してここまで来たのだから、少しは楽しめよ・・・

Karuizawaski0008
無理くりスキーで歩かせて、チビ二等兵べそっかき状態に
今日はもうやめよう・・・

スキー場は3連休ではあるが、あのアクセス道路の厳しさからか、リフト待ちは皆無。そもそも我が軍はリフトに乗れるような状態ではないのだが。標高が2000メートルになんなんとすることから、雪質は非常に良い。軽いパウダーで、斜面も中上級者が満足できる斜度を揃えている。

Karuizawaski0010
本日のお宿は、ホテルバーモラル軽井沢 (旧名 ホテル浅間ヶ丘)
静かな林の中に佇む別棟が立ち並ぶ雰囲気の良いところである。

Karuizawaski0011  Karuizawaski0013
食事前に周囲を散歩
気温は低く、数分でも外にいると手の感覚がなくなってくる

Karuizawaski0012
チャペルや鐘など、暖かい季節は結婚式で活況なことを伺わせる

Karuizawaski0014 Karuizawaski0016
夕飯は窓の外の雪を眺めながら

軽井沢エリアは、東京近郊から日帰りエリアにあたることと、大規模ゲレンデが存在しないこともあって、3連休といえども比較的余裕があった。


2日目
便利さではこの上ない「佐久スキーガーデンパラダ」である。
昨日のアサマ2000とは打って変わって、人、人、また人である。これぞ3連休。
今日はチビ軍曹用に用具をレンタルして臨む。
最初こそスキーブーツの感覚とスキーの長さに戸惑っていたものの、しばらく様子を見ていると、自分の行きたい方向に歩くことくらいはできるようになってきた。
すかさず回数券を購入。チビ軍曹のみならず、チビ二等兵もリフトに乗せるという暴挙にでた。

Karuizawaski0020
チビ軍曹、初めてのリフト搭乗
「ウサギの足跡があるかもよ」
「ホント!?」
「穴を掘って住んでいるんだよ」
「じゃぁ、キリンさんもいるよね」
・・・雪国にキリンがいるのは見たことがないが。

Karuizawaski0019
2歳児、プラスキーでリフト搭乗、の画

断っておくが、両チビ2名とも、当然1人では滑れない。
将軍と私は、初心者だったころでもこんなにはやらないだろうというくらい、両名を麓まで抱えたまま、プルークボーゲンの連続である。股関節が壊れそうだ。
それでも少しスピードを出すと楽しげである。
用具をレンタルしてまでトライした価値はあったように思う。

ひとまず痛感したのは、自分が単独であっても小道具の多いスキー。チビ2名分の道具が加わると、駐車場からの移動一つとっても非常な苦労を伴う。
先行投資だと思って我慢するしかない。

なお、復路の関越は渋滞30キロ。これぞ3連休。
裏技を駆使し、この渋滞は回避したものの、佐久IC~自宅まで5時間(うち1時間は食事)の道のりであった。










| | コメント (9)

2011年2月 7日 (月)

2/6第4回袖森フェスティバル シホインド参加 BL3FWマツダスピードアクセラで その2

4thsodemori0014

2/6第4回袖森フェスティバル シホインド参加 BL3FWマツダスピードアクセラで その1 に続いて、その2。

今回のコース攻略は2つ。
1つ目。4速全開から右へ下りながらアプローチする3~4コーナーへの進入速度をあげること。1コーナーを立ち上がって3速→4速と全開加速すると、スピードが150キロに達したところから緩く右へステアしながら軽いブレーキング(3コーナー)。車体のふらつきを感じながら4コーナーのクリッピングに向かって強めのブレーキ。できるだけ速度を殺さずに2速全開で立ち上がって、インフィールドへつなぐ。
強い旋回Gを感じながらのブレーキとシフト操作はきついものがあるのと、止まりきれないのでは?という恐怖心との戦い。イメージ通りにクリアできたときは快感である。

2つ目は通称「便所コーナー」の8コーナーの左旋回。インフィールドの5~6コーナーから3速→4速とつなげて、8コーナー前では140キロくらいからのフルブレーキングである。セオリー通りならアウトインアウトだが、ここを直線的にインへ突入し、インベタラインでアクセルワークでアンダーステアをコントロール。次の9コーナーはきつい右ヘアピンのため、脱出速度を稼ぐ必要があまりない。このインベタライン走法は間違ってないと思う。
周回を重ねてタイヤがタレてくると、このコーナーではアンダーステアが強い。そういった時系列でのクルマの変化感じながらコントロールする楽しみもある。このサーキットは、このコーナーが最も楽しい場所かもしれない。
4thsodemori0013
これらを意識して2本目は1'22"267で、更にベストラップ更新。
最終的には3本目に1'22"197をマークすることができた。
何よりコンスタントに22秒台が刻めるようになってきたので、攻略のイメージ通りに操作ができるようになったということだろう。
上位勢が概ね20秒~21秒台なので、極端に遅れをとってはいない。車種が混在しているので一概に比較できないのはもちろんであるが。

車両データ
タイヤ:新車純正タイヤ ダンロップSP SPORT2050 225/40R18
サス:純正のまま
エンジン:完全ノーマル。エアクリもノーマルのまま
ブレーキパッド:エンドレス MX72
※ブレーキ以外は買ったままの吊るしの状態ということ

Msaxela0005
フロントブレーキキャリパーとローター パッドはエンドレスMX72

BL3FWマツダスピードアクセラ、純正の足でもかなり楽しめる。袖ヶ浦は高速コーナーも多いが、不安を感じることはない。コーナリング中にリアが振り出されても、その挙動はゆっくりしたもので修正も容易。ただし、フロントが重いのでしっかりブレーキングしないとアンダーステアは顕著。そこは弱い部分。
ブレーキは20分(約10週前後)近く全開を続けても音を上げることはない。タイヤのほうが熱ダレしてくる感じもあるが、適度にスライドさせてコントロールすればタイムロスにはならない。これ以上の長時間はクルマへの負担が増すので、20分はちょうど良いところと思う。

4thsodemori0021
5~6複合コーナー タクマロン号
この日はデルタが何台も。未だに人気の高いクルマである

4thsodemori0004_1
チビ二等兵

さて、ラップタイムばかりが袖森フェスではない。
家族連れでの参加も回を重ねる毎に増えてきているようで、小さな子供たちも多い。
隣のピットには、パパがサーキット専用車(だと思う)、ママがワンボックスを運転、チビっ子3人とかなりの猛者の方も。
そのお気持ち、よく解ります。(・・チビッ子3人って本当に大変だもの)
4thsodemori0024
タクマロンさんとチビ軍曹。散々遊んでもらった。
袖ヶ浦はパドックも広いし、ちょっと注意すればチビたちでも大丈夫。
ただし、ピットレーンから向こうは立ち入りNG。クルマが150キロで爆走してるからね。

3rdblog 4thsodemori0025_2 
チビたちはピット屋根を端から端まで2往復。散々みんなで遊んで・・・
4thsodemori0003_1
おやすみなさい。彼の限界ね。
真冬のサーキットに耐えられるように準備した子供用の寝袋が活躍
ちなみにここはブリーフィングルームの片隅。
お絵描き・折り紙・ぬいぐるみ。サーキット三種の神器必携。

4thsodemori0002_1
最後は恒例のじゃんけん大会!
商品はサーキットにまつわるモノ諸々、米10kgとか、足湯セット、チビッ子たちはお菓子が一番嬉しかったね。
自身は全く負け続け・・・しかし、最後は満を持して我が将軍の出番である。

4thsodemori0001_1
サベルト4点式ハーネス(レース用のシートベルト)を獲得!
一旦じゃんけんで賞品をゲットすると他のがもらえないので、全軍を挙げてこのサベルトが登場するまでじゃんけんを自粛。
使う当人はさっさと1回戦で惨敗。将軍は勝ち進み。見事に勝利。
うーむ。将軍やるな。さすがだ。

4thsodemori0026

走行の合間はチビたちの世話に忙しく、あまり他の参加者のみなさんとお話できないのが少し残念。
しかし、朝早くから弁当を作り、1日サーキットでチビたちの面倒をみてくれた我が将軍に感謝せねばならない。
このブログの趣旨の通り、「家族でサーキット」を具現化した1日であった。

走行プログラムは赤旗中断が1日を通して1回もなし。これは過去経験がない。ワンデイスマイルの参加者はマナーが良い証であろう。運営に文句なし。素晴らしいイベントであった。

自己ベスト更新が何より嬉しいけど。。
次回は5月。楽しみだ。

| | コメント (5)

2/6第4回袖森フェスティバル シホインド参加 BL3FWマツダスピードアクセラで その1

2/6 千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイにて、澤圭太氏率いるワンデイスマイル主催、第4回袖森フェスティバルに参加した。サーキット名は当然「シホインド」
第2回、3回、4回と連続しての参加である。ランチアデルタコレチを駆るタクマロンさんも一緒。チビ軍曹、二等兵も一緒である。(タクマロンくん・・具合悪くてお留守番に。。残念)

4thsodemori0001
いつも通り、全員ミーティングからスタート
RQレースクイーンもいる!

4thsodemori0002_2 4thsodemori0003
ワンデイスマイルのグループの他、各ショップ主催の走行会ともコラボで、
総台数100台を越すエントリー。サーキットのパドック内はこのように埋めつくされた。

4thsodemori0005
お、将軍、チビ軍曹、チビ二等兵。揃い踏み。今日も元気だ。

4thsodemori0004
袖森フェスティバルの良いところは、コース内を歩いて回る時間が設けられていること。
自分では走らないけど、今後の参考に、とか、チビっ子たちも楽しめるように、バスでコースをガイド走行するアトラクションも。プロドライバーの澤氏の運転なので、結構なスピードでコーナーを駆ける。
チビ軍曹、二等兵もちゃっかり乗り込み、楽しんだ様子。

4thsodemori0006_2
ロードスターのワンメイク走行会。出走直前
これで見学者は結構多いと言える状態。100台エントリーでそれぞれ家族もカウントすると、結構な人数がいることになる。

4thsodemori0012
午後1時30分。出走開始。
冬ということもあり、タイヤ温度が上がりにくい。特に袖ヶ浦は奥がきつくなるコーナーが多いため、うっかりオーバースピードで入ると、リアがブレイクしてとっちらかる。しっかりリアタイヤの温度も上げてからアタック開始。

4thsodemori0011
タクマロン氏も同一グループで駆ける!

4thsodemori0018
様々な車種が混在する。スペック上パワーがあるからといって必ずしもタイムが良い訳ではない。逆に100馬力もパワー差があってもタイムがそれほど変わらないことも。
要するに、ウデの見せ所なのである。サーキットというのはそういうところ。
※ただし、500馬力と200馬力では、絶対にひっくり返らないけど。

でも、競技ではないので、参加者お互いに譲り合い。そのあたり、ワンデイスマイルはマナーが良い。

4thsodemori0010_2
今日は新たなコース攻略をもって臨んだ。
ひとまず1本目の20分間の走行で、自己ベスト1'22"926→1'22"715へ更新。
たったコンマ2秒なのだが、攻略の結果が出たようで嬉しい。
ただし、目標はまだまだ遠い。2本目以降に賭ける。

4thsodemori0015
タクマロン氏のランチア デルタ。言わずと知れたランチアが強かった時代のホモロゲ用マシン。渋めの車体色がサーキットに映える。

その2へ続く

| | コメント (6)

2011年2月 5日 (土)

第4回袖森フェスティバル前夜 BL3FWマツダスピードアクセラで

Racinggear0001

いよいよ明日2/6、レーシングドライバー澤圭太氏率いるワンデイスマイル主催 第4回袖森フェスティバル が開催される。
自身としては、12月のロッソコルサ 第19回スポーツランド山梨走行会以来、2ヶ月ぶりの走行会である。
澤圭太氏がポルシェやランボルギーニといった外国車主体の活動をしていることもあってか、袖森フェスティバルは輸入車の参加比率が高い。
また、男くさい雰囲気になりがちな「走行会」だが、家族で参加してもできるだけ楽しめる工夫があるのが、この走行会の特徴である。
これまで第2回、第3回と続けて参加していて、4回目の今回は約100台のエントリーがあるということでかなりの盛況である。
これも毎度のことだが、95年式ランチア デルタ コレチオーネを駆るタクマロン氏と御一緒させていただく。
もちろんチビ軍曹、チビ二等兵も含め2家族大人4人、チビ3人の大所帯。

タイヤが2分山程度しかないが、自己ベストタイムを狙う。
これまでの自己ベストは1分22秒926。まだ中級レベルなので、今一歩踏み込んで20~21秒台を狙っていく。
さて、結果やいかに。

| | コメント (4)

2011年2月 1日 (火)

1/29ブランシュたかやまスキー場 BL3FWマツダスピードアクセラで

Shirakabaday20003
奥は蓼科山。昨日滑った白樺高原国際スキー場が遠景に望める

2日目はブランシュたかやまスキー場である。
私自身がかつてモーグルに注力していた時期があり、度々ここを訪れてはコブを攻めていた。下部のベース部分はファミリー向けに特化していて、キッズスキー用のエスカレーター、そりゲレンデ専用のエスカレーター、キッズスクール用にももう1本と、かなり充実している。

Shirakabaday20001

チビ軍曹はあまり乗り気ではないようだが、なんとか説得して、ソリ用ゲレンデまで引っ張っていく。
さっさとエスカレータに乗り込み、何本も一緒に滑ってみせるが、チビ軍曹からはあまり好感触は得られない。対照的なのがチビ二等兵、若干2歳である。写真がないのが残念だが、結局チビ二等兵は独りでソリで滑ってもへっちゃらである。もちろん自分でなんて止まれない。将軍と私コマンダーが上と下に分かれ、上から押し出して、下で抱き止めるという2歳児には暴挙と言える行動にでる。
真横に滑っていってフェンスにぶつかって転んでも、「もっかいやる~♪(もう1回やる)」と、なんとも頼もしい限り。何度も滑らせて親も存分に笑い楽しんだ。
と、その横でいじけているのがチビ軍曹・・・。困ったものだ。ソリにはさほど興味もなく、「もうおしまいにする~」の繰り返し。。。果たして今後どうしたものか。
寒さも厳しいため、昼過ぎで切り上げて帰途につく。

Shirakabaday20005
お昼によった茅野市内にある、和食「こふく」。ここはいきつけであってお気に入り

そしてチビ軍曹が輝く瞬間が訪れた。
Shirakabaday20006
同じく茅野市内のヌーベル梅林堂にて
親より値段の高いものを選択し、何を言っても譲ろうとしない・・・やはり困った奴だ
このときチビ二等兵は夢の中。

Shirakabaday20010
帰路、八ヶ岳PAより南アルプスを望む
うーむRX-8 TypeS。。重心高が明らかに違う

諏訪南IC 15:40→八王子IC 18:20→自宅 19:45着の帰路であった

おまけ
Shirakabaday20004
ブランシュで偶然隣り合わせた、新旧マツダスピードアクセラ


| | コメント (6)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »