« 3/1子育て放棄のニセコバックカントリースキーツアー 準備日編 | トップページ | 寒気到来! »

2011年3月 2日 (水)

3/2子育て放棄のニセコ チセヌプリバックカントリースキーツアー

北海道バックカントリースキーツアー2日目。
今日はガイドツアーを利用し、ニセコエリアのプロフェッショナルにバックカントリーエリアのエスコートをしてもらう。
案内をお願いするのは、ニセコ メッカ の田中氏。
今日は平日ということもあってか、ko1と私2名のみのプライベートツアーとなった。
週末などは他の参加者と混成グループとなることが多い。

前夜からの降雪はおよそ15cm~20cm程度。今日はチセヌプリスキー場からアクセスし、チセヌプリ峰へハイクアップするバックカントリーツアーである。

Niseko2day0001_1
チセヌプリスキー場のリフト乗り場付近

最近バックカントリーという言葉が指す意味としては、スキー場などの管理された斜面ではなく、自然の山や斜面に自力で登り、そこをスキーやスノーボードで滑り降りることである。当然管理されていない斜面のため、雪崩のリスクや木に衝突するといった危険もつきまとう。
エリアによっては誰でも簡単にバックカントリーエリアに踏み込むことができる。しかし、雪山登山に関する知識が欠しい状態でこうした場所へ行ったとしても、天候が悪くなって吹雪になったりすれば、一気に視界が閉ざされ、簡単に遭難してしまうだろう。それくらい冬山は危険な場所である。
そういったリスクを予め予知し、その山での行動の仕方をガイドしてくれるのが、プロのガイドの仕事である。

Niseko2day0002
チセヌプリ峰 当然リフトはない。自力で登高し、滑って下山する。
まさに北海道のバックカントリーといった趣であろうか。
この日は同志たちが数組程度入山していた。

Niseko2day0003
このような景色が広がる。
北海道は緯度が高いため、1300m級の山々でも森林限界が低く、ある標高から上部には全く木がない。このことがどこを滑ってもよい理想的な斜面を作り出す要因になっている。

Niseko2day0003_1_2
スキーにシールを装着し、登り始める。
この写真のように斜度が緩いうちはまだ良い。。向こうに見える急激に斜度がきつくなっている部分になると、本格的な登山の様相を呈してくる。

Niseko2day0004_1
チセヌプリの東側斜面。。。
この急な斜度をジグザグに登っていく。
先頭はガイドの田中氏、最後尾にもサポートガイドが1名つく。

Niseko2day0005
休憩。登山と同じできつい坂道を登り続けることはできない。ところどころで休憩を挟みながら。
正直なところ体力的に相当きつかった。基礎的な体力もないし、シール登高するときのスキー技術は、普通のスキーとは全く異なる。スキーの動かし方、様々な道具の効率的な扱い方など、ガイドの田中氏に指導を受けながら進んだ。

本来は山頂までいくべきだが、私自身の体力面を考慮して中腹で滑降を開始することに。
Niseko2day0005_1
滑降開始!
これだ。これをやりにニセコまで来た。
誰も滑っていないノートラックバーンを、自由にターンしながら滑り降りる。

Niseko2day0006_1
ko1

斜面は当然ながら圧雪などされていないから、雪が積もったままの自然な状態である。雪質はその日の状態や、斜面の向きによって様々に変化する。ときには日差しで解けて再度固まったような硬い箇所や、湿った雪など滑るのが難しい場合もある。
そういったことを全て受け入れながら、やはり追い求めるのは軽い粉雪パウダーの斜面である。

この日の結果
1本目と2本目:チセヌプリ峰の東面斜面
 →硬い箇所あるが、基本パウダー
3本目:少し登り返して、チセヌプリスキー場側へ降りる斜面
 →基本パウダーで良かった
昼食
4本目:チセヌプリスキー場にほど近い名もない斜面
 →軽いパウダー。本日のベスト。

とにかく、身体にはこたえたが、最高のバックカントリーツアーであった。

・・・ところで、このツアー中にアルパイントレッカーを壊してしまった。
無理な体勢から身体を起こそうとしたら、先端の支点に力が加わったらしく、シャフトが曲がってしまった。
ツアー終了後、応急処置で修理したが、やはりツアー用バンディングが欲しくなる。
Niseko2day0008

夜は倶知安の街までクルマで移動し、寿司を食べる。
Niseko2day0010 Niseko2day0012
寿司 「日本橋」
ネタは大きくシャリも大きい。サラダとあら汁、ケーキにコーヒーまでついて\2100
・・・北海道の食はやめられない。

Niseko2day0011
倶知安市街。雪国というよりも、「北海道」の町並みである。

Niseko2day0014
夜は更けていく。

|

« 3/1子育て放棄のニセコバックカントリースキーツアー 準備日編 | トップページ | 寒気到来! »

バックカントリースキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/1子育て放棄のニセコバックカントリースキーツアー 準備日編 | トップページ | 寒気到来! »