« 3/4子育て放棄のニセコ チセヌプリパウダーガイドツアー | トップページ | 10000アクセス数記念 »

2011年3月20日 (日)

ガイドという仕事 ニセコメッカ田中氏 バックカントリーガイド

Tana0001_1

日本では悲しい出来事があり、現在も困難は続いている。
それでも日常は進んでいく。

今シーズンのニセコ バックカントリースキーツアーで、ぜひとも記しておきたいことがある。
今回のツアーは5日間の日程を組み、ニセコローカルスキーを中心にパウダーを堪能しようという趣旨であった。特別に雪山に精通している訳でもないが、山岳スキーのリスクは認識している。ここはプロフェッショナルのガイドに託して楽しむというのが安全である。

NWGA ニセコウィンターガイド協会 加盟の中から選ばせてもらったのが、
ニセコ メッカ 田中久敬氏(通称 ターナー)である。

バックカントリースキー或いは山スキーなどというのは、近年流行っているとはいえども、その業界は狭いと言えるだろう。仲間内でガイドツアーに参加した際の経験談などによって、情報が口コミで伝わっていくような部分が大きい。
それでも、ニセコのような世界でも有数のパウダーエリアともなると、ガイドの看板を掲げているところも多く、選択に迷ってしまったのも事実であった。
そんなとき頼るのは、やはり直感である。
人間、内面に持っているものは必ずどこかに表れてくるもので、ニセコメッカのホームページを見て、田中氏に依頼することを決めた。オンライン予約ができるようなリアルタイム性のあるページではないが、田中氏の持つ志向、落ち着きのようなものが感じられたのである。

今回は3/2、3、4と3日間に渡ってお世話になった。平日だったこともあって、参加人数も少なく、存分にコミュニケーションすることができたのが良かった。
私自身は初日に初めてのシール登行となった。結果としては私の体力がもたず、目指す山の途中までしか到達できなかったり、道具の扱いの不慣れさから破損させてしまったりするトラブルがあった。ニセコ入りの前に水泳でトレーニングしたり、前日に安全なゲレンデ内で道具類の使用練習をして臨んだにも関わらず、やはりバックカントリーはそう容易いものではなかった。
遅いペースで登る私に合わせてもらったり、スキー登行のコツを指導してもらったりと、ほぼ「初めてのバックカントリー教室」の様相であったが、とにかく親切に教えていただいた。
そして、案内されるのは常にまっさらなノートラック。もちろんコンディションによって無理な場合もあろうが、奥の奥の手を常に持っているのだ。ガイドの面目躍如である。

通常ガイドツアーは2名体制で先頭と最後尾を固める。サポートガイドのfumiさんは女性なのだが、ガイドを生業にしているから当然とは思いつつも、急な登坂斜面をモノともせず登っていく。私如きの登行ペースでは、散歩程度といったところであろう。
違う日にはスノーボーダーのサポートガイド、KAZUさんも合流。普通、スキーのルートとボードのルートは異なるのだが、そんなことはお構いなしで、モノともせず追いついてくる。
3人とも当然ながら滑走技術は一級品なのである。まっさらな斜面ならいいが、バックカントリーではブッシュやくぼみなどの地形に合わせた滑りが要求される。こういった部分を何気なくこなしてしまうのだ。
そして、そのエリアの地形を熟知し、天候を正しく予測する。
晴天のチセヌプリ登行中、これ以上登るとガスで視界がなくなると判断した田中氏はすぐさま滑走に移る判断を下した。果たして1本滑ったところで雪とガスで視界が閉ざされてしまったのだ。あれ以上登っていたら、視界がなく恐る恐るの楽しくない滑走になっていただろう。プロフェショナルとして、そのときの最善の判断でゲストを楽しませる。

Tana0001

ただ単にパウダーを滑るだけではない。
地形や天候について解説してくれたり、ツアースキー的に雪上を歩く場面もあった。真っ白な雪面とキンと締まった空気の中を進んでいると、なんとも言えない非日常の気分が味わえる。自分達だけなら躊躇するような疎林の中へも、ガイドされていれば安心して踏み入れることができるのである。
参加者が多ければアクシデントも起きる。ゲストの一人が転倒すれば、すぐに駆け付けてサポートする。深雪の中での転倒は、スキー板1本はくにも体力を消耗するからである。
ツアーは朝から午後まで続くので、昼食も共にする。
装備を解き、一旦リラックスして会話をする。仲間内だけのゲレンデスキーとは違った楽しみがそこにある。
1日を終えるころ、自然と共に滑った仲間同士の連帯感が生まれる。また一緒に滑ろう。その日が充実すればするほど、そう思うのである。

ガイド業、これはつまるところ、人柄である。
田中氏の言葉。
「パトロールの来ない山中は、とにかく安全が第一。僕らガイドはそれを大事にしている。」
どんな仕事でもそうかもしれないが、家庭を持ち、子供を持つようになると、ことさらに安全ということの意味を感じるようになる。
単に雪崩を避けるという安全だけではなく、ゲストの精神的な安全をプロデュースできること。ガイドという仕事にとって、それはゲストを良い斜面に案内すること以上に大切な要素かもしれない。

ニセコ メッカ ニセコエリアで大人のバックカントリー、最高のパウダーを託せる最高のガイド氏である。

ターナーさん、また必ず一緒に滑りましょう。
最高のニセコツアーでした。

|

« 3/4子育て放棄のニセコ チセヌプリパウダーガイドツアー | トップページ | 10000アクセス数記念 »

バックカントリースキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/4子育て放棄のニセコ チセヌプリパウダーガイドツアー | トップページ | 10000アクセス数記念 »