« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月15日 (金)

2011夏休みの旅 箱根・芦ノ湖 BL3FWマツダスピードアクセラで

Tjk0001
仕事で通い詰めている箱根界隈であるが、宿を取って家族でゆっくり楽しもうというのが今年の夏休みの旅。
なんといっても近いことが最大の価値。無理して早起きせずとも、十分に楽しむ時間が取れるのは良い点だ。

箱根は観光地として、とても洗練されている。
遊覧船は頻繁に運行されている上に、船体や港湾設備も新しい。
遊覧コースも40分で芦ノ湖を周遊できるものが用意されていたり、利便性がしっかり考慮されている。我々のようにマイカーでの来訪も多いが、特に平日はバスや電車で来る年配の方々の姿も目立つ。とにかく訪れる人の数が多いのだ。インフラもそれに合わせて合理的に整備されている。おかげでやりたいことがすぐにできる、待ち時間は少ない、景色も素晴らしい、と、至れり尽くせりである。

Tjk0006
宿はメゾネットのある部屋で

翌日はやはり芦ノ湖周辺で考えて、暑さを吹き飛ばす高所に登ることに
駒ケ岳ロープウェイである

Tjk0010
芦ノ湖の湖面が海抜742mなので、このロープウェイで600m以上登る計算だ

箱根は、本当に隅から隅まで観光地化されている。箱根湯本の駅からケーブルカーやゴンドラを乗り継いで芦ノ湖まで来れる。長野と富山にまたがる黒部ダムの観光地コンセプトと似ている。箱根の最大の利点は、やはり都心から近いことだろう。横浜市内から1時間でこれだけの大自然と、富士山の絶景が叶うのだ。よく観察してみると箱根の人気が高いことが頷けるのである。

Tjk0009

仕事で走り回るだけだった箱根だが、その観光地としての実力に圧倒された旅行であった。





| | コメント (4)

2011年7月 3日 (日)

7/3 清川リバーランド BL3FWマツダスピードアクセラで

0002_2
この1ヶ月、本当にブログに書くネタを欠いていた。
休みと言えば、翌週の仕事のための休養といった感じで、どこにも出かける気力が起きなかった。
休日1000円も終了したので渋滞もなくなるだろうし、ここは一つ出ようじゃないかと。厚木インターから30分ほど丹沢の山中に入ったところにある、清川リバーランドへチビたちを連れていった。

清川リバーランド。いわゆるバーベキュー主体のキャンプ場で、名前の通り川遊びができるという触れ込みであった。

0003
昼12:30。到着すると、クルマをとめる場所にも苦労した。
我が軍だけでの行動なので、別にバーベキューをするわけでもなく、気軽にコンビニ弁当を持っていったが、会場は既に大ビアガーデンと化していた。
マイクロバスで乗り付けた団体や、家族同士で来ている組で大盛況。
だいたいどのテーブルの組にも、ひっくり返ってダウンしている人が1人はいる。まだ昼だ、そうなるには早いだろ・・・

敷地はあまり大きくない。中央にイワナのつかみ取りや水遊びのための浅い水路が流れ、それを囲むように多くのバーベキューテーブルが配される。子供たちは水路で自由に遊び、大人はそれを近くで見守れる。なかなか考えられている。

0006
お弁当食べて、

0004
初めは怖がっていたものの、

0003_1
やはり怖かったようだ。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »