« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月14日 (水)

ゴルフ5 R32 TOYO プロクセスR1R 225/40R18

Dsc_2051_800x536
袖森フェスティバルの走行会でタイヤのショルダーを完全に剥離させてしまったので、仕方なくタイア交換することに。
1年前にオーダーしようとしたが、TOYOタイヤの仙台工場が被災したため納期未定で代替案として、DIREZZA SPORT Z1 STARSPECを選択した経緯がある。今回こそ、ということで、TOYOプロクセスR1R 225/40R18 を選んだ。

Dsc_2052_800x536

Dsc_2054_800x536

R1Rの乗り味だが、タクマロンさんのR1Rインプレ にある通り、ステアリング操作に対してのリニアリティがしっかりしていると感じた。わずかな操作にも反応してくる印象で、センター付近の遊びが少ない感じがする。
トレッドのゴムを触るとかなり柔らかい。エコ系のタイアはある程度の硬さがあるので、それと比べるとやはりグリップ重視であることが伺える。乗り心地もこれに呼応して、少ししっとりと滑らかさが感じられる。ただしこれは路面が良いところの話で、段差や凹凸を拾ったときに揺すられる感じが強くなった。ハイト部分の剛性は高く設計されているはずなので、そのあたり特性がこうした乗り心地となって表れているのかと思う。
全体としては、角ばっているショルダー部まできっちり接地している感じがクルマ全体の安定感につながっている感じが良い。

購入はタクマロンさんから教えてもらった、タイヤ安売王さん
この1年でスタッドレス含めて3セットも買ってしまった。。。

Dsc_2053_800x536

| | コメント (2)

Dsc_2049_800x536
R32 is Back!!! (本当はGTI is Backだけど)


| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

チビ軍曹 ピアノ発表会

Dsc_2018_800x536
チビ軍曹のピアノ発表会である。
この日を目指して毎日練習してきたが、4歳のチビが舞台で1人でどうなるものかと楽しみに観ていた。
出だし、左手の位置が1オクターブ低い音になってしまった。本人もすぐに気付く。仕切りなおして、その後はそつなく弾き通した。

Dsc_2024_800x536
固まってしまうこともなく、最後までこなせたので立派であろう。
私自身が幼い時分には経験できなかったこと。それなりに立派な公会堂のホールで舞台に立ち演奏する。本人はどのような気持ちなのだろうか。

Dsc_2006_800x536
しかし、世の中にはその道に打ち込んでいるお友達がいるものである。
5~6歳でショパンやモーツァルトのそれなりに技巧を要する曲を弾きこなしてしまう子ども達にはびっくりしてしまった。
チビ軍曹本人には、良い刺激になったであろうか。

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

第7回袖森フェスティバル ゴルフR32で

Dsc_1670_800x536
もう1ケ月以上前になるが、恒例のサーキットイベント「第7回袖森フェスティバル」
いつも通り、タクマロンさん家族と合同参加

ゴルフR32に乗り換えてから2回目の袖ヶ浦となる。
これまでのベストは、MSアクセラのときに2011/2/6 第4回袖森フェスでマークした
1'22''197である。
サーキットでのDSGのマニュアル操作にも慣れたこともあって、今回はできるだけこのタイムに近づけるべくアタックする。

Dsc_1671_800x536

結果としては、今回のベストは1'23''024となり、ベストタイムには届かなかったが、R32でのベストを刻むことができた。
車重が重いことから、もう一歩加速のパンチ力があればという感覚は拭えない。重いことを理解した上で、コーナーでしっかり減速して落ち着いて曲がることを心掛けた。
後から車載映像を見ても、タイムが出るときは操作に余裕があり、かつ、流れるようにつながっているときであるようだ。もちろん、プロのようにもっと攻め込んでいけば更に上乗せすることもできるのだろうが、なかなかそこまでの域には勇気と経験が必要そうである。
やはり恐怖心が先に来るのも事実であるし、何より無事に帰ることが最も大事である。

Dsc_1672_800x536_2
走行後、YOKOHAMAのS-Driveのショルダー部が完全に剥離してしまい、ビート部が露出してしまうほどになってしまった。タイア自体が硬化しているのか、空気圧の問題か。
心配なので、帰路はタクマロンさんについてきてもらいながら横浜まで帰った。

Dsc_1675_800x536
チビ軍曹、チビ二等兵ともに、だいぶ手がかからなくなってきた。
走行会なのだが、チビたちにはやはり競争のように見えるらしく、抜いた抜かれたで大騒ぎである。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »