« ゴルフ5 R32 TOYO プロクセスR1R 225/40R18 | トップページ | 白樺湖旅行とママ倒れる ゴルフ5 R32で »

2012年4月30日 (月)

第8回袖森フェスティバル ゴルフR32で

Dsc_2235_800x536
第8回袖森フェスティバル参加

久しぶりの走行会である。いつも通りタクマロンさんと参加。
ただし、今回は我が将軍(ママ)が病気のため、チビたちも預けてしまい連れてこれず。
久しぶりの単独参加である。
いつもチビたちの世話でドタバタしているサーキットの一日であるが、いざチビたちがいないと、どこか物足りない。独身気分でいいのだが、やっぱりなんとなく寂しいものである。

さて、今回はタイアをTOYO プロクセスR1Rの新品に交換してから初の袖ヶ浦となる。
これまでの装着タイアYOKOHAMA S-Driveが異常なトレッド剥離を起こしたため、慎重に走行しようと考えていた。

今回は通常のワンデイスマイル枠の他に、ゴルフカップ勢、ロードスター勢、ロータス勢と、参加台数も150台規模で過去最大。9時開会から17時閉会までみっちりサーキットで過ごす1日となった。

Dsc_2234_800x536

走行前にタクマロンさんの指南で、タイアの空気圧をいつもより下げる方向で調整。
ゴルフ5 R32の推奨空気圧は、1人乗車のときで前後とも2.8である。これをサーキット走行の際には3.5くらいまで高めていた。今回は通常の2.8に設定することで様子をみることとした。

相変わらずパドックからコースインするときの高揚感は快感である。走る仲間たちは普段は街中で自分のクルマの性能を持て余し、それをこの瞬間に一気に解放するために集っているのである。それも若者ではなく、どちらかというと中高年(失礼)が多い。どうもワンデイスマイルのイベントには輸入車ユーザが集まる傾向にあるようで、必然的に年齢層もそうなるのだろう。
サーキット走行は、気持ちの中に客観性を持ちながら興奮状態にもっていくことが大切である。コースに出た途端に頭が真っ白になると非常に危険である。サーキットの走行スピードレンジでクルマを走らせると、クルマの動きが普段とは全く異質なものになる。まず、この時点で恐怖感を覚えたり、自分の操作から冷静さが失われやすい。加えて、前を走るクルマ、後ろから猛追してくるクルマ、抜いて抜かれる技術。走行時間内は、「ちょっとタイム」はない。コースに出てしまえば全ての動作を集中しながら連続して行うことが求められる。これはクルマの性能やラップタイムに関係なく必要な要素である。
回数を重ねると、徐々に冷静さが養われていくが、それでも多くのクルマが混走する中においては、神経を遣う場面が多い。少しでも気を抜くと事故につながってしまうので、その点は何回参加しても気をつけねばならない点である。

さて、プロクセスR1Rだが、やはりグリップ力がある。適正な速度でコーナーにアタマを入れていけば、安定感のあるグリップを発揮し、破たんするまでの限界レベルが向上したことが感じられた。しかし、かといって劇的にタイムが向上した訳ではない。むしろ前回2月の袖森フェスのときよりも1秒以上ダウンしてしまった。気温が高いことも理由の一つだろう。加えて、やはりグリップの高いタイアだからといって、やはり使いこなしの問題で、タイアの性能を引き出す走りができていないということと理解している。
今回は1分24秒台に乗せるのが精いっぱいであった。他車も同様にタイムに関しては伸び悩んでいたようなので、今日のコンディションでは妥当なタイムということになろう。
毎回タクマロンさんのランチアデルタとほぼ同タイムを刻むのだが、今回もそれは変わらずであった。

Dsc_2238_800x536
1本目20分走行後の右フロントタイア プロクセスR1R 225/40R18

Dsc_2239_800x536
ショルダー部に異常な摩耗はなく、正しい減り方とみる

どうやらこのタイア、ショルダー部の剛性は非常に高い。
トレッドの中央付近の摩耗が大きいことから、タイヤの接地面全体でグリップしていることが伺える。

Dsc_2244_800x536
さて、閉会式で恒例のジャンケン大会
アルパインスターのヘルメットバッグが目玉賞品ということだったので、他の賞品では一切手を挙げず、これ一本に絞って狙っていた。
結果、見事じゃんけんに勝利した。かなり満足である。


今回はチビたちがいなかったが、独身気分で楽しめた。
でも、やっぱりチビたちがいたほうがドタバタでもっと楽しいな。

|

« ゴルフ5 R32 TOYO プロクセスR1R 225/40R18 | トップページ | 白樺湖旅行とママ倒れる ゴルフ5 R32で »

ゴルフR32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴルフ5 R32 TOYO プロクセスR1R 225/40R18 | トップページ | 白樺湖旅行とママ倒れる ゴルフ5 R32で »