« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

東京タワーへ ゴルフR32で

Dsc_2281_800x536

スカイツリーオープンということで、東京タワーに行きました。
チビずが前日から楽しみにしているということで、おばあちゃんも同乗。

Dsc_2285_800x536
東京タワーのイメージマスコットは、「ノッポン」。
うーん、センス良いと思うぞ

Dsc_2284_800x536
満面の笑みで楽しみ楽しみ

Dsc_2288_800x536
さすがにスカイツリーのほうが人気あると思うので、エレベータにはすぐ乗れる
それでも意外に人はたくさんいた

Dsc_2291_800x536Dsc_2295_800x536
第1展望台は、高さ150メートル。今の時代となっては、いろんな高層ビルが立ち並んでいて、それほど高いとは感じないけれど、タワーなりの面白さもあって良い。
右の写真はルックダウンウィンドウといって、真下を覗き込める窓。ちょっと怖い感じ。

Dsc_2296_800x536
さて、ひとしきり楽しんで第2展望台は?と思ったが、整理券配布で80分待ちとのことで、30年前に親に連れてきてもらったときも登らず、今回も諦めることにした。
その代わり、下りを階段で降りることにする。600段。どうなんだろうか。

Dsc_2304_800x536
チビたちも一生懸命降りる。登るよりはかなりマシ。
10分くらいで降りてこれた。私自身は腰痛が悪化しそうだ。。

Dsc_2309_800x536
タワーの真下にあるビルの屋上でおきまりの遊びを

Dsc_2316_800x536
そして、おばあちゃんのたっての希望で、似顔絵描きをお願いした。
ちょっとレトロで懐かしい休日の楽しみ。満喫した。

Dsc_2280_800x536
駐車場は、1時間で580円
ご飯を食べて、のんびりしたら3時間半経過。ちょっと高かったな。

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

フロントドア スピーカ交換 ゴルフ5 R32

Dsc_2257_800x536
オーディオで低音を出したときに、ビビり音がするようになった。どうやらフロントドアにインストールされたウーファが故障したようである。DIYで作業できそうなので、やってみることとした。

Dsc_2258_800x536
内張りを外すところまでは順調。
ところが、写真では既に外れているが、18cmサイズの専用設計ウーファが、ドアに対してリベット締結されており、トルクスドライバ等では外せないことが判明した。
6箇所のリベットは5mmの金属用ドリルで破壊して、なんとかスピーカを取り外すことに成功。

Dsc_2259_800x536
ちょっと見た目には何ともないのだが、良くチェックすると、裏側のマグネット部が本体フレームから剥離した状態となっていた。これによりコーンが振動する際の妨げとなって、結果的にびびり音が生じていたようである。

Dsc_2260_800x536
このような感じで6箇所がリベット留めされていた。

さて、困ったのは市販品には代替品がないことであった。パイオニアもアルパインもケンウッドも、どこもゴルフ5のフロントスピーカには未対応。おまけにクロスオーバネットワークユニットが入っていて、3way構成となっており、そっくり全部取り換えると、JBL社かETON社の7万円以上のものなら輸入品では存在する。ディーラに問い合わせすると、ウーファ1個で8000円するという。脱着工賃を含めると1万5000円くらいになるのではと、自分で見積もりを立てた。部品さえあればDIYでできることは自明であるし、、と考えを巡らせる。

Yahooオークションで、解体屋系が出品してないかとサーチしてみると、2個セットを格安で出品している業者を発見。早速購入したことは言うまでもない。

Dsc_2261_800x536
これが届いた中古純正品。自分のR32よりは2年ほど旧い年式のものだが、作動確認するとまったく問題なし。2個ともに正常品であった。

Dsc_2262_800x536
さて、問題はこれまでリベット留めだった箇所をどうするかである。
メンテナンス製を考慮すると、国産車と同様にタッピングネジなどで固定するのが良策であろうと考えた。
ボディ側のネジホール径は、約6mm。6mm径x長さ20mmのタッピングネジで実験すると、ちょうどうまく締結できそうである。

Dsc_2263_800x536
完成図 スピーカのプラスティックボディ側のホールが、6mm径ではややきついが、タッピングで強引にねじ込んでいくと、なんとかしっかり固定することができた。
動作確認で、これまで通り何の問題もなく音を出力することができるようになった。

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

エアコンフィルタ交換 ゴルフ5 R32

Dsc_2265_800x536
MANN社製 VW用エアコンフィルタ

我がゴルフ5 R32だが、エアコンを作動させると、どうにも異臭がするようになり、理由がわからなくて困っていた。DIYでエバポレータの洗浄をしたり、消臭剤を使ってみたりしたが、どうにも解決しなかった。この程思い立って、助手席足元のエアコンフィルタを改めてチェックしたところ、異臭の原因がこのフィルタにあることが判明した。

試しにエアコンフィルタを取り外した状態で、エアコンをONにしてみると、なんとも気持ちの良い涼風が出てくるではないか。やはりフィルタが原因だったのである。

症状:
1.外気から取り込まれた砂塵やゴミ、前オーナーの喫煙によるものと思われる汚れ
2.これらが経年と共に臭いの原因となり、それがエアコン風に乗って異臭となっていた
3.エアコン作動時に、フィルタ部から「スゴーー」という、やや大き目の吸気音がしていた

ゴルフ5のエアコンフィルタは、純正、BOSCH製が標準的であるが、VW車用アクセサリの通販ショップ、maniacsのwebをチェックすると、純正互換品があった。

maniacs webshop MANN FILTER(エアコンフィルター) Golf6/Golf5/A3/TT

早速取り寄せて装着。
当然異臭もなくなり、吸気音もほぼ気にならなくなった。やはりフィルタが目詰まりを起こしていたのと、臭いの元凶であったということである。
高い部品ではないし、交換もDIYで容易にできることから、定期的に交換すると快適な車内環境が保たれると思う。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

チビ遠足 野毛山動物園

Dsc_2252_800x536
春になると保育園の遠足である。だいたい、こどもの国か動物園が目的地だが、今年は野毛山動物園とのこと。この日に限ってはいつもの給食はなく、お弁当持参となる。

Dsc_2253_800x536
共働きの我が家はとにかく時間貧乏なので、前日から慌ただしく準備。当日は早朝5時半にママが起きて頑張ってくれたおかげで、なんとか弁当作成完了。

Dsc_2256_800x536
チビずは前夜から大興奮状態。バスで行くらしいのだが、やはりお友達と行けるというのは特別なイベントのようで、当日の朝も一旦5時に起き出して、騒ぎ出す始末であった。

懸命に準備して送り出したところまでは良かったのだが、チビ軍曹(姉)の箸箱に、箸そのものを入れ忘れたらしく、かわいそうなことをした。
まぁそんなことも忘れるくらい、楽しんできたようなので、良い思い出でなったであろう。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

白樺湖旅行とママ倒れる ゴルフ5 R32で

Dsc_2195_800x536
4/28~29はいつもの長野 白樺湖へ
GWの渋滞避けるため、横浜を朝6時出発。
東名高速→御殿場で7時に朝食、8:30に河口湖で休憩とした。
河口湖周辺は、ちょうど桜が満開の時期のようだ。

Dsc_2213_800x536
その後、「白州にある名水公園べるが」へ移動。
ここは南アルプスの麓に位置し、気持ちの良い空気の中水遊びを楽しむ。
チビ2人ともずいぶんと成長したので、ある程度放っておいても勝手に2人だけで楽しむようになった。楽である。

Dsc_2222_800x536Dsc_2219_800x536
園内で開催されていたニジマス釣りにも挑戦。
まぁお遊びなので、完全に入れ食い状態ではあるが、うまく釣り上げないと魚が釣り針を飲み込んでしまい、係の人を呼ぶ羽目になる。もちろん釣ったニジマスは塩焼きでいただく。

Dsc_2225_800x536

Dsc_2227_800x536
ところが、白州から白樺湖まで移動する途中からママの調子がおかしくなった。
助手席でぐったりとし、目的地に着いてからも起きる気配もない。宿泊場所の部屋に入るなり布団を敷いて横にならずにはいられないという状態。
夕食もなんとか食べるものの、この時点で体温計で計るとが39℃オーバー・・・
旅行どころの状態ではなくなった。
今夜中に帰路に着くことも考えて夕食でお酒を飲むことも控えたが、さすがに本人も今夜はもう動きたくないとのこと。

翌朝、少しは快復することを期待したが、起床後も39℃のまま。つらい様子は変わらず。
朝食をさっさと食べて、9時に白樺湖を出発。まっすぐ横浜を目指す。
やはり助手席で荒い息遣いの様子が気の毒で、休憩を取ることなく横浜までジャスト3時間。
日曜でもやっている病院へ飛び込んで診察。

結果はかなりまずい状態で、点滴を行うとのこと。点滴の間ヒマなので、とりあえずチビ2匹を連れて一旦自宅へ戻ることに。その後、改めて病院へ迎えにいくも、立っているのもやっとの状態の彼女が出てきた。薬を受け取り、とにかく家で休むことに。

波乱のGWの幕開けとなった。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »