« 9月の長野県立科町旅行 ゴルフ5 R32で | トップページ | 横浜中華街 »

2012年9月29日 (土)

YAMAHA PASナチュラLスーパー 12年モデル 電動自転車サイクリング

Kimg0223_800x600

7年間使い続けた電動自転車にガタがきたので、新車を調達しました。
YAMAHA PAS ナチュラLスーパー というグレードで、YAMAHAの電動自転車ラインアップの中ではアシスト力最強を謳うモデルです。
住んでいるエリアは急坂がたくさんあり、チビずを載せて駆け上がるには何としても強力なアシストが必要でした。
電動自転車は、現在の技術力をもってすれば、フル電動にすることも可能なようですが、それができないのは、法規の問題のようです。現在は、人力:アシストの比率は1:2と定められており、メーカーはこれに則った出力までしか出せません。更に、実効値としては1:2まで出ていることはないようで、1:1.4~1.6くらいがいいところのようです。ところが、7年前に購入した当時の法規は人力:アシスト比率は1:1でしたから、最新モデルでは相当な進化を遂げているだろうという見込みで新車を買いました。

あまり細かいことはどうでもいいのですが、同じYAMAHAの電動自転車でも7万円台~13万円くらいまでと幅があります。アシスト力が強化されているモデルは、後輪のハブやギア、チェーンといった駆動系が強化タイプに換装されているようです。新しく買った後に、確実にアシスト力が向上していることを感じたかったので、とにかく最上級モデルにしておけば文句ないだろうという感じで、このモデルにしました。

結果は...初めて電動自転車に乗ったときのような強烈なインパクトはありませんでしたが、アシスト力が強くなっていることは体感できました。
チビを乗せて、荷物も積んだフル積載状態であっても、おおよそどんな急坂でも簡単に登っていけます。発進時も軽い踏み込みだけでスピードを上げることができます。
7年前のモデルでは少し苦しかった急坂も、ある程度チカラは必要ですが、確実に楽になったと言えると思います。

代償として、速度が出ません。。内装3段のギア比率の問題が大きいと思うのですが、トップギアの3段目でも、ある程度スピードが出ると、それ以上加速するのが億劫になります。
もちろんやろうと思えば加速できますが、やはりこれも法規の問題でアシストがゼロに近くなりますので、電気の力でどこまでも加速できるという訳ではありません。
近年、自転車による事故が増えていることを考えると、これは仕方ないと思います。確かにスピードを出すと危ないですし、当然、そういう事故は起こしたくありません。

総合的には、電動自転車は、子供を乗せたり、坂が多い場所で使う場合にそのメリットを享受できると思います。また、平坦地でも、軽くこいでいけるので、かなり遠い場所まで行っても疲労度が違ってきます。以前に実験したことがあるのですが、市街地の10キロ程度の距離であれば、クルマで行く場合に比べて、1.5倍くらいの時間で行けるような感覚でした。もちろん遠くなればなるほど、差は開いていくと思われますが、細い道でも入っていける自転車は意外と速い乗り物です。

Kimg0228_800x600
と、いうことで、ついに念願だった、家族全員でのサイクリングへ行きました。
7年前のモデルでも、まだまだ乗れます。ママが乗って、楽々進んでいました。
いつもクルマで行って、停める場所に難儀していたエリアでも、軽い気持ちで寄り道しながら楽しく行動できました。クルマだと目にも入らずに通り過ぎてします場所も、自転車だと景色がゆっくりですから、新しい発見が多かったです。
チビたちも、乗っている間は静かにしていましたし、後で聞いたら楽しかったようです。2台目の電動自転車、とても有意義だと感じました。



|

« 9月の長野県立科町旅行 ゴルフ5 R32で | トップページ | 横浜中華街 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月の長野県立科町旅行 ゴルフ5 R32で | トップページ | 横浜中華街 »