« 軽井沢スキー ゴルフ5 R32で | トップページ | 乗り替え ゴルフR32へ »

2013年3月 2日 (土)

デロンギ エスプレッソマシン ESAM1200SJ

Dsc_0605_800x536
我が家はコーヒーを飲む機会が多いので、かねてから考えていた全自動エスプレッソマシンを手に入れました。
デロンギのESAM1200SJという型です。写真のようなけっこう大きな箱に入っています。

Dsc_0606_800x536
デロンギはイタリアのメーカーですが、取説などもきちんと日本語で書かれていて、あまり不安はありません。そもそも、日本ではこうした全自動エスプレッソマシンの需要が少ないらしく、国産品では競合する商品が見当たりませんでした。

Dsc_0608_800x536_2
コーヒー豆は200gの袋がまるまる入ってしまいます。給水タンクは1.8Lも入るので週末2日間で飲む分くらいは賄えそうです。今までは紙フィルター式のコーヒーメーカーを使っていましたが、飲むたびにコーヒー豆の補充と給水が必要だったので、回数が増えるほど億劫になっていました。

さっそくエスプレッソ抽出をやってみます。
電源をONにして、30秒くらいマシン側で準備したあとスタンバイ状態になります。あとはボタンを押すだけで抽出が始まります。

Dsc_0611_800x536
レストランのドリンクバーコーナーにエスプレッソマシンがありますが、あれとほとんど同じ要領です。グラインダーが自動で動いて豆を挽き、圧力をかけて抽出されてきます。カップは写真のように並べて2個セットできます。本体のダイアルでコーヒーの濃さと湯量の調整をするのがポイントのようです。湯量だけ増やしてコーヒーの濃さが薄いと、本当に薄くて飲めませんでした。このあたりは自分の好みを見つけ出す必要があり、いかにもイタリア式といった感じです。

もちろん、おいしいです。僕はそれほどコーヒーに詳しくないので、大した感想も書けませんが、コーヒー豆のコクが凝縮された味わいのコーヒーが飲めます。豆の種類の違いも明確だし、フィルタ式のものとは随分違うと感じました。

Dsc_0613_800x536
使用後は、本体内のホッパーに写真にあるような、茶色のビスケットのようなものが落ちてきます。これがコーヒー豆の挽きカスになります。意外に小さくまとまってるので、まぁ10回くらいは掃除しなくても良さそうです。

コーヒー好きには、良い買い物だったと思います。

|

« 軽井沢スキー ゴルフ5 R32で | トップページ | 乗り替え ゴルフR32へ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽井沢スキー ゴルフ5 R32で | トップページ | 乗り替え ゴルフR32へ »