« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

飯綱高原スキー ゴルフ5 R32で

Imag0275
2013年の年末は長野県の飯綱高原へ2泊3日でスキーをしに行きました。
年末の忙しい時期なら空いた道路で行けるのでは?という狙いでしたが、果たして空いた道のドライブを楽しめました。
横浜から飯綱高原を目指すには、関越自動車道を使うか中央道にするか悩ましいのですが、今回は中央道を選択しました。いずれにしても300km以上の行程は長く、時間がかかりました。9時に自宅を出発して、諏訪湖SAでランチを終えるころには13時を過ぎていましたので、飯綱高原へ直行することをやめて、松本市でお墓参りに寄ることにしてから改めて長野道で飯綱入りしました。飯綱に入るころにはすっかり日も落ちていましたので、丸々一日を移動に費やしたことになります。

Img_2699
翌日も晴れあがりました。宿から近い「いいづなリゾート」というスキー場で滑ることにします。

Imag0271
チビずにとっては、まともにスキー板を履いて滑るのが今回で3回目になります。チビ軍曹姉6歳は今年もスキースクールからのスタートにしました。いいづなリゾートスキ場は、下部のリフトでも、初心者にとっては少し急な斜面が含まれることもあって、初心者スクールはチビッ子ゲレンデのスノーエスカレータを使ってのレッスンだったようです。既にリフトにも乗れるチビ軍曹にとってはこれが不満だったようです。ちょっとスクールに入れたのは失敗だったかもしれません。

Img_2714
チビ二等兵は、昨年の時点でボーゲン直滑降まではできるようになっていたので、まずは復習がてら滑らせます。はじめは怖がって尻もちばかりついているので、私が板先を手で固定して(後ろ滑りしながら)、とにかく感覚をつかませることに腐心しました。
なかなかうまくいかないので、若干スネ気味になりました。嫌がるチビ二等兵をみかねてママは一緒に滑ろうとしますが、敢えてそこを我慢してもらい滑らせます。なんでもそうですが、身体が覚えるまでは苦しいもので、この壁を乗り越えたところから楽しさが見えてくるものです。案の定、午後になると楽しくて仕方なくなったようです。

Img_2722
2日目は、飯綱高原スキー場で滑ります。ここは長野オリンピックのフリースタイルモーグルスキーの会場になった斜面、大会後に里谷多英コースと名付けられたコースがあるスキー場です。97年のモーグル世界選手権でも使われ、全盛期のジャンリュックブラッサールが優勝したのを覚えています。・・・急にモーグルの話になりましたが、当時はオリンピック熱に刺激されて、私自身もコブ斜面で一生懸命滑っていました。
とはいえ、チビずにはそんな斜面は到底無理ですので、緩斜面を何回も滑ります。

Img_2718
この日は朝から家族4人が一緒に行動しました。チビ二等兵は基本的は直滑降ですが(笑)、転ばずにどんどん行ってしまいます。ちょっと止まっていると、勝手に見えなくなってしまいます。どうやら楽しくて仕方がなくなったようで、なかなかやめようとしません。チビ軍曹もどんどん調子がでてきて、リフトにも1人で乗ると言い出すほど。気が付くと、10:40から滑り始めて、4時間券で滑れる14:50ギリギリまでリフトに乗っていました。時間がもったいなくて、ランチも食べずに滑り続けたありさまでした。
とにかくチビずが楽しめたので、連れていったかいがありましたね。

Dsc_0671_2
初日の夕食は近くにある「ココット」というハンバーグ屋さんに行ってみました。
お店は真っ暗な森の奥にあって、本当に開いているのか不安になるような場所でしたが、なんとここが大正解のおいしさ。

Dsc_0683
自家製ハムのサラダ。
ドレッシングも自家製です。大量にかけてありますが、ほとんどが野菜をすりおろしているそうで、まったく脂っぽくありません。ハムの味とあいまった、本当においしいサラダでした。かなり大きくボリュームも満点でした。

Dsc_0684
「ココット」という煮込み?ハンバーグ。
ふわふわしたハンバーグとパスタの上にチーズをのせて焼き上げたもの。
これも見た目と違って、脂っぽくないです。

Dsc_0685
定番メニューのハンバーグ2品。
左はレギュラーハンバーグ(ブラウンソース)
右はミソアジハンバーグ(みそ味)
どちらのハンバーグも、肉より野菜を多く含んでいるようで、やはりふわふわした食感がヘルシーでおいしいです。


Imag0257
ゴルフで家族4人が泊まりのスキーに行くのは、荷室の容量からするといっぱいいっぱいです。。チビずの道具類はレンタルなので、これでブーツが2足分増えると、トランクには入らないかもしれません。
こんなときだけ大きなクルマが欲しいなという想いがよぎりますが、他の荷物を減らしたり、いざとなればルーフボックスでも付ければいいのです。年に数回のためにボディを大きくするのは運動性能とトレードオフの代償としては大きすぎます。どうしても必要なら2台目として導入すればいいので、工夫でなんとかなっている現状を考えると、ゴルフというクルマが世界中で支持されている理由が納得できます。
おおよそ実用車に必要な資質を満たすために設計されているのがゴルフなんだということなのだと感じます。ゴルフをベンチマークとして開発しているクルマは多いのは、こうした日々の使い勝手も含めてベンチマークだということかもしれません。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

スタッドレス TOYO GARIT G5 215/45R17 ゴルフ5 R32

Imag0245
ようやく重い腰を上げてスタッドレスに交換しました。
スタッドレスについては以前の記事で触れていました。
ゴルフ5 R32スタッドレスタイヤ装着 スポーツテクニック社 MONOVISION5 215/45R17

改めてスペックを記します。
ホイール スポーツテクニック社製 MONO5 VISION ガンメタルポリッシュ
17インチ、7.5J、インセット50mm PCD112 重量9.8Kg
http://www.sport-technic.jp/Products/WHEELS/MONO5VISION/index.htm
タイヤ TOYO GARIT G5 215/45R17

Imag0243Imag0244
左:フロント、右:リア

相変わらず、フロントのブレーキキャリパーとのクリアランスが本当にギリギリです。見た目は、ほとんど接触しているように見える程です。正直ちょっと不安になりますが、一応試走してみても干渉しているような音は出ていませんし、スポーツテクニック社でも公式に適合している旨を謳っているので問題はありません。

17インチにしたのは2代前のマツダスピードアクセラのときにインチダウンしていたものをそのまま流用しているからです。ハイトの薄さで言えば、やはり18インチのほうがいいですね。

Imag0249
以前乗っていたディーブブルーパールエフェクトのR32に比べると、黒は締まって見えますね。個人的にはブルーのほうが良かったかなと思っていますが、ブラックはブラックで磨いたときの輝きは良いものがありますね。

Imag0246
今回もジャッキアップして自力で交換作業をしました。朝7時前から始めて、終わったのが9時過ぎ。
ジャッキアップ→タイヤ交換→空気圧調整→夏タイヤを洗う→物置にしまう
といちいち面倒くさく、何より、タイヤ一本当たり20kg以上?30kgくらいある?という重さが冷えた身体にこたえました。この作業も年々辛くなってきました。

| | コメント (14)

2013年12月15日 (日)

YAMAHA アップライトピアノ

Dsc_0578
今日はピアノの納入日でした。
我が家は玄関へのアプローチがL字型になっていることもあり、クレーンで搬入。室内へは窓も外したりして、なかなかの騒動となりました。

ピアノ運送の専門業者さんはトラックの荷台からさっさ降ろしたと思いきや、胴体部分に通した1本のベルトだけでいきなり吊り下げ。写真のように高々と持ち上げると、クルクル回ってしまうのでは?という心配をよそに、空中ではピタっと安定。後で聞いたところによるとヘタな人がやると、やはり回転してしまうのだそう。さすがプロの職人さんですね。

Dsc_0590
さて、ピアノはYAMAHAの響板部分が筋交い構造になっているモデル。この構造をX支柱と呼ぶそうです。弦の張り方も一部にグランドピアノの作りを取り入れていて、アップライトとしては少し手の込んだものだそうです。選ぶ際に実際に自分で弾いてみたところ、鳴り方の違いが明白でした。上を見ればグランドピアノからスタインウェイに至るまでキリがありませんが、チビずの練習と私やママが趣味で弾く程度という実情を考えると、十分過ぎると言えます。

早速弾いてみましたが、やはりタッチの違いと弦が鳴る感じが良いです。デジタルピアノのサンプリング音源では聴こえない倍音の響きが素晴らしいです。ピアノって本体の木(木箱とも言えますが)そのものが鳴っているということを初めて実感しました。
購入をサポートしていただいた調律師さん曰く、スタインウェイピアノなどの高級モデルは、この木の材質そのものからして時間と手間暇がかかっているとのこと。やはり鳴り方は違うそうです。
ちょっとクルマのエンジンや乗ったときの味わいの話に似ているな、と思ってしまいました。
ただ弾ければ良いというものでもなくて、そうした味わいの部分を楽しめるのも、楽器の良いところかもしれません。

| | コメント (2)

2013年12月 1日 (日)

スポーツランドやまなし走行会 ゴルフ5 R32で

Dsc_0525
スポーツランド山梨での走行会に参加しました。久ぶりのサーキットですが、チビずも含めて家族全員で参加。サーキットは韮崎IC近く。7:30集合なので4時起き。

Dsc_0534
チビずはいつものとおり大騒ぎ。
最近は少し目を離していても、気を付けることは自分でできるようになったので、かなり楽です。

Dsc_0548
走りで攻めてどうこうというよりも、クルマの性能を存分に発揮させる場であり、クルマ仲間との時間を楽しむ場ですな。なので、写真のようにピクニックテーブルを広げて、走りの合間にお弁当やおやつを食べて楽しむというのがサーキットでの過ごし方。

Pic_0016
もちろんタイムも計りますが、結果は44秒490で出走した32~33台中16位でした。トップはBMW Z4で41秒台前半。自分のGolf5 R32はこの小さなサーキットでは重さが災いしてあまりタイムは伸びません。パワーがあっても、小回りの効く小さくて軽いクルマに負けたりするのがこのスポーツの面白いところ。
やはりクルマは面白くてやめられませんな。


往路行程:5:00自宅-5:30調布IC-7:00双葉SA-7:20韮崎IC-7:40SLY 渋滞なし
復路行程:13:30SLY-15:15調布IC-16:00自宅 中央道交通量多いが渋滞かろうじてなし

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »