« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

八千穂高原スキー場 ゴルフ5 R32で

007
スキーへ行く際、子供たちの用具を毎回レンタルするのが面倒になり、今回一式揃えました。行先も自由に選べるようになったので、八ヶ岳連峰の山梨側、中央道からは最奥に位置する、八千穂高原スキー場へ初めて行ってみました。
ここは佐久穂町による町営のようで、田舎らしい素朴な雰囲気を期待しました。結果は正しく予想通りで、混雑もなく快適に過ごせました。

到着してみると、標高が1800m程度ということもあり、非常に気温が低く、9:30の時点で-10℃前後のようです。気持ちが若干萎え気味ですが、とにかく準備します。

043
リフトは2人乗り4本のみ。高速リフトはありません。ゲレンデはベースから放射状に広がり、レベルに応じて使い分けができます。町営ということもあり、地元の方々が多いように感じました。
子供たちは、いわゆる上級者コースでなければなんとか降りられる程度にはなったので、あまり気遣いなくリフトに乗りました。

031
お姉ちゃんは、プルークボーゲンを卒業して、シュテムターンを練習中。スピードも出てくるので、ブレーキはボーゲンではなく、ずらしで止められるように斜滑降の練習もやります。スキーは、どんなときでも斜面の真下(フォールライン)を向くのがポイントなので、写真のように板の向きに対して身体をひねる感覚を伝えます。まだまだですが、なんとなくはわかったようでした。

058
チビ二等兵は、相変わらず直滑降ばかりなので、言い聞かせてボーゲンでターンする練習をさせました。
そんなことばかりやっていたら、自分自身が滑る時間がほとんどなくなったしまいましたが。
子供たちは弱音も言わず、ほとんど営業終了まで滑れるくらいの体力がついたようです。

080_2
帰路は、八峰の湯 http://www.yahho-onsen.jp/ でさっぱりして、ボリュームがある夕飯をいただきました。(八千穂高原スキー場から25分程度、小海リエックススキー場近く)
20:30に出発、23:20横浜の自宅着。


以下、久しぶりにR32のインプレ

八千穂高原スキー場は、中央道の須玉ICから60km以上、90分前後かかります。清里、野辺山から小海の手前までは、国道141号を比較的な快適に走れます。しかし、国内の国道最高地点である麦草峠まで登る道は、かなり険しいくなります。当日は前日からの降雪で、すれ違いもギリギリなくらいな状態でした。
R32のハルデックス4WDシステムは、普段はFFですが、積雪路ではほとんど後輪を駆動し続けているようです。3.2Lのエンジンは力感に溢れ、DSGの変速はMTで発生するようなシフト遅れの駆動抜けを起こさないため、特に登りは無敵な感覚に陥ります。4人乗車でスキー道具一式を満載なクルマの挙動とは思えません。もちろん実際には危険なので自制心は必要ですが、高性能が安心感を生むのは一面の真実ではあります。
ただし、下りは一変して危険が高まります。とにかくゆっくり走ることが重要。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

2014~15シーズン1回目 しらかば2in1スキー旅行 ゴルフ5 R32

Img_2924
正月連休最終日から1泊でスキーへ。1/2に神田へ出向き、家族全員の装備の半数以上を一新。出発当日は3:45起床、4:45発。調布ICから中央道で蓼科方面へ。
最終日ということ、早朝ということもあってか、道程は順調。

Img_2923
八ヶ岳PAより。

Img_2937
宿泊先、スキー場も毎度同じ。2日間とも、しらかば2in1で滑る。
前シーズンまでに子供たちはプルークボーゲンはマスター。おさらいからスタート。
一年振りで怖がっていたものの、リフト3本目からは感覚が蘇った様子。

Img_2940
初日は緩斜面だけに留めたが、翌日はクワッドリフトで頂上部へ。
林間コースを教えて様子をみたが、すぐにマスターし、まったくターンをせずに下まで滑り降りてしまう。特にチビ二等兵5歳は、私より速いくらい。写真もビデオもまったく追いつかない。今はターンの意味を教えてもムダなので、放っておく。誰かにぶつかったりせず、一応コントロールしているようではある。

私自身は98年の長野オリンピック前後に、モーグルに入れ込んだ時期がある。今回久しぶりにコブ斜面を滑ってみたところ、1本目は元気があるためか、何とか下まで持ちこたえたが、次からは息があがってしまう。さすがに年齢を感じるが、身体は覚えていた。

2日間、散々滑り倒して帰ろうとすると、チビ二等兵から不平の声。とにかく楽しいようなので、再来を約束して帰路につく。

帰路:
14:30 2in1発~15:00 原村の直売所~16:00発~18:10調布IC~18:45自宅 渋滞なし

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »