« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月25日 (月)

子供自転車積み R32

Img_1328
チビ軍曹が習い事へ行くのに、いつもはバスだが、自転車で行ってみたいと言う。とりあえず往き道は2人それぞれ自転車で向かうが、途中の歩道の段差を超えられず転倒。ヒザを擦りむく流血騒ぎに。とりえあえず応急手当てをして、なんとか現地着。私は一旦帰宅。

習い事はなんとかこなしたが、電話かかってきて復路はもうイヤとの旨。
仕方ないのでR32出動。ゴルフはそれなりにトランクは大きいが、子供用自転車といえど、リアシートは倒さないと入らない。6:4の4側でやってみたがダメ。6側を残せれば、2台無理にでも積んで、国営公園等に持ち込みできるのだが。サイクルキャリアに子供用積むのもどうかと。

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

5月春の昭和記念公園 RX-8

Img_1294
2人とも自転車に乗るのが楽しくて仕方ないようなので、思い切り乗れる場所へ連れていくことにしました。昭和記念公園、サイクリングコース。自転車はレンタル。
この日は比較的空いていて11時過ぎでも西立川の駅前(西立川口)に駐車できました。

自転車専用コースはとても走りやすいし安全です。
子供たちもすっかり気に入った様子。

Img_1298
大人はすぐにバテますが、子供たちは夕方まで元気いっぱい。

Img_1290
RX-8で行きました。旧くなってきたR32と違ってエアコンがよく効きます。
R32のエアコンもデンソー製なので、部品の違いが原因ではないはず。RX-8は室内空間が狭いから冷えやすい?よくわかりませんが。

| | コメント (0)

2015年5月16日 (土)

渡英中にバッテリあがり RX-8をR32で救う

Img_1190
英国へ行っている間にRX-8のバッテリがあがってしまった。事前の準備期間も含めてかなり乗らない時間があったためであろう。R32を横付けしてジャンプスタート。
完全に放電しきってしまい、数分間充電しないとかからない状態。R32側のアイドリング回転を上げるなどして、ようやくロータリーENGが復活。
その後、車庫の電源が届く場所に移動、バッテリチャージャで静的に100Vから追い充電。
ちなみに、R32のバッテリはリアのスペアタイヤ下に埋められている設計。+端子だけバルクヘッド前に延長設置されていて、GNDは横のブラッケットから取るかたち。
VR6エンジンがスペースいっぱいでマウントされているのと、前後バランスからR32はリア設置のようだ。

| | コメント (0)

2015年5月15日 (金)

英国 2015.5月

Img_1056
GWの翌週から渡英していました。
2012年の冬、娘と2人でカナダへ行って以来の海外。欧州は12年ぶりくらいか。

Img_1086
まだ少し肌寒いものの、ゆったりした空気が良いです。

Img_1063Img_1091
海岸近くの街では、とにかくシーフードをメインに。
どこに行ってもチップス(じゃがいも)は欠かさないのが英国流。

Img_1048
クルマは道具という割り切り。庭はガーデニングの場所。どの家も芝生の手入れは行き届いている。
ヴォグゾール、シュコダ、セアトあたりが、日本では見ないメーカーのクルマ達。
日本車は少ない。ヤリス、シビック、マイクラ、MAZDA3等が少し走っている程度

Img_1111
この家は築300年以上とも。玄関の戸は目線ほどの高さしかなく、窓も見てのとおりの大きさ。
日本の都市は戦争で焼けてしまったが、旧いものを残し、歴史を積み重ねる文化は羨ましい。

英国はずっと憧れの地であり、果たして、予想した通りの国だったと言えます。

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水)

信州 あずみ野~白樺湖 旅行 2015GW ゴルフR32で

Img_0719
2015年のGWは、毎回恒例、信州のリゾートへ宿泊旅行へ。
初日は少し無理をして安曇野を目指しました。晴れ渡り、最高の天気です。

Img_0770
安曇野は有数の観光地で、来訪者も多いためか、国土交通省が国営公園を造りました。
関東では、立川にある昭和記念公園が国営公園として設置されています。国営なので、施設の規模が大きく、また整備も行き届いているのが利点です。
写真のように、森の中を空中回廊が走っており、北アルプスの麓の空気を存分に味わうことができます。

Img_0784
GW連休ということもあり、たくさんの子供たちが遊びにきています。連休期間中だけ特別に運営されるアトラクションもあり、2人とも疲れ切るまで遊びました。

Img_0810
広場で駆け回ったり、サッカーやキャッチボールを。普段、子供たちに負担をかけているので、精一杯遊んであげようと思いましたので、それは果たせたかと。

Img_0925
白樺湖の常宿で一晩を過ごし、翌日は、これまた何回も来ている女神湖でボートに乗ったり、湖畔を散歩したりとゆったり過ごします。
白鳥型の足漕ぎに4人乗せてもらい、子供たちだけで操作しているのをみると、ずいぶん大きく育ってきたことを実感しました。

Img_0920
安曇野から宿のある白樺湖までドライブ。松本市街からビーナスライン経由ですが、後ろで眠ってしまった子供たちをいいことに、R32の性能を堪能できました。4人乗車の重さなどものともしないVR6エンジンのレスポンスとパワーに、改めて惚れ惚れとしてしまいました。

最新のゴルフRやAudiも含め、ダウンサイジングターボエンジンの効率は理解できます。しかし、やはり気筒数に依存する爆発間隔の違いだけは叶いません。なかなか代替えできない理由の一つです。

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

箱根 芦ノ湖スカイライン 2015GW平日 RX-8で

Img_0704_1024x768
GW期間中、独りの時間が取れたので、箱根・芦ノ湖スカイラインでRX-8を楽しみました。
横浜を朝9時に出発。平日なので、まだ渋滞はありません。

Img_0686_1024x768
既に休みに入っている皆様も多いようで、それなりに人が来ていました。

Img_0697_1024x768
芦ノ湖スカイラインは、2速~3速の往復が主体になります。RX-8のロータリーエンジンはNAということもあり、低回転は明らかにパワー不足で遅い。踏み続けていると、高回転では気持ちの良い伸びを示します。回転レンジに幅があり、走る場所によっては2速のままでも良い場合があります。

Img_0688_1024x768
以前にも書いた通り、回転を落としてしまうと加速が鈍るので、速く走らせるのは非常に難しい。こうした場合、R32の場合は車重の重さを如実に感じるのですが、RX-8はそうではなく、単純に低回転からはエンジンが回っていかない印象です。
クルマのバランスは抜群で、無理をしない範囲のコーナリングスピードでは、実に気持ちのよい挙動を感じることができます。重心が低いので、乗っているというより自分で操っている感覚が強く一体感があります。
マツダは以前から「人馬一体」をテーマに標榜し続けていますが、それを体現していると思います。

Img_0701_1024x768
午後から小学校で個人面談があるので、帰ります。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »