スキー

2015年3月14日 (土)

2015/3月 4回目 白樺高原スキー ゴルフR32

Img_0355
今シーズン4回目も白樺高原スキー場
5時横浜出発、9:30にゴンドラ乗車。休憩1回で来れば子供がいてもそれなりで来れることがわかった。

Img_0348
前日から雨が降っており、ゲデンデも若干ザラメ気味。
そのせいもあり、朝一番は空いていた。
ゴンドラは家族でおしゃべりしながら過ごせるのでよい。

パパは足慣らしの後はひたすらコブでモーグルの練習。
ゲレンデが立科町立のためか、上から下まで比較的ゆるやかな練習バーンが続いており、かなり便利。
こどもはフラット斜面、私自身はその脇でコブというように、リフト待ち合わせで一緒に滑ることができる。
チビ2人は、すっかり一人で滑れるようになった。
お姉ちゃんは少しシュテム気味でもOK。来年はパラレルまで行けるか?といったところ。

Img_0367
15時に上がり。麓まで降りてきて、手作りアイスクリームなど。。

Img_0370
最近我が家で定着した「スキー→温泉→夕飯→子供は車内で寝る」パタンへ

今年は4回行くことが叶った。子供たちもスキーを楽しみにしているようで嬉しい。

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

2015/2月 3回目 白樺高原スキー ゴルフR32

Img_0287
シーズン3回目は白樺高原スキー場
いつも行っていた、「しらかば2in1」と同じ立科町立のスキー場で、こちらはスキー専用。
短いがゴンドラがあり、女神湖や遠く北アルプス、後立山連峰から日本海まで見渡せる眺望が気持ちがよい。

Img_0284
快晴で素晴らしい。

Img_0295
お姉ちゃんはパパの教えを忠実に守るが、弟はどうにも言うことを聞かない。
ターンをしろと言うが、すぐスピード競争に突入。
男の子だから競争好きは仕方ないが、スキーはきちんと曲がれないと危ない。
親の言うことを聞かないなら、来年は強制的にスクールに入れてやる。

Img_0299
上のリフトから。
手ごろなコブがびっしり。。コブ好きとしては最高。
長野オリンピックの頃にはまり、しばらく子供が幼かったので、スキーそのものを中断。
また始めることができた。すっかりダメかと思っていたが、それなりに身体が覚えている。それどことか、以前よりトルソー(体軸)をしっかりさせて滑れるようになったし、滑っている最中も客観的にコントロールできるようになった。体力も必要だが、経験も重要である。

Img_0313
昔のモーグル専用機(K2 マンバ)も持参。子供用と合わせ、積載量限界。
茶色のはベクターグライドのオムニー。モーグル用のはコブでは抜群だが、そこに行くまでのフラット斜面がえらくかったるい。一旦カービングに慣れるとありえないくらい滑りづらい。。

Img_0315
暗くなるまで滑り倒し、その後2日以上階段の昇り降りつらい。

| | コメント (0)

2013年12月31日 (火)

飯綱高原スキー ゴルフ5 R32で

Imag0275
2013年の年末は長野県の飯綱高原へ2泊3日でスキーをしに行きました。
年末の忙しい時期なら空いた道路で行けるのでは?という狙いでしたが、果たして空いた道のドライブを楽しめました。
横浜から飯綱高原を目指すには、関越自動車道を使うか中央道にするか悩ましいのですが、今回は中央道を選択しました。いずれにしても300km以上の行程は長く、時間がかかりました。9時に自宅を出発して、諏訪湖SAでランチを終えるころには13時を過ぎていましたので、飯綱高原へ直行することをやめて、松本市でお墓参りに寄ることにしてから改めて長野道で飯綱入りしました。飯綱に入るころにはすっかり日も落ちていましたので、丸々一日を移動に費やしたことになります。

Img_2699
翌日も晴れあがりました。宿から近い「いいづなリゾート」というスキー場で滑ることにします。

Imag0271
チビずにとっては、まともにスキー板を履いて滑るのが今回で3回目になります。チビ軍曹姉6歳は今年もスキースクールからのスタートにしました。いいづなリゾートスキ場は、下部のリフトでも、初心者にとっては少し急な斜面が含まれることもあって、初心者スクールはチビッ子ゲレンデのスノーエスカレータを使ってのレッスンだったようです。既にリフトにも乗れるチビ軍曹にとってはこれが不満だったようです。ちょっとスクールに入れたのは失敗だったかもしれません。

Img_2714
チビ二等兵は、昨年の時点でボーゲン直滑降まではできるようになっていたので、まずは復習がてら滑らせます。はじめは怖がって尻もちばかりついているので、私が板先を手で固定して(後ろ滑りしながら)、とにかく感覚をつかませることに腐心しました。
なかなかうまくいかないので、若干スネ気味になりました。嫌がるチビ二等兵をみかねてママは一緒に滑ろうとしますが、敢えてそこを我慢してもらい滑らせます。なんでもそうですが、身体が覚えるまでは苦しいもので、この壁を乗り越えたところから楽しさが見えてくるものです。案の定、午後になると楽しくて仕方なくなったようです。

Img_2722
2日目は、飯綱高原スキー場で滑ります。ここは長野オリンピックのフリースタイルモーグルスキーの会場になった斜面、大会後に里谷多英コースと名付けられたコースがあるスキー場です。97年のモーグル世界選手権でも使われ、全盛期のジャンリュックブラッサールが優勝したのを覚えています。・・・急にモーグルの話になりましたが、当時はオリンピック熱に刺激されて、私自身もコブ斜面で一生懸命滑っていました。
とはいえ、チビずにはそんな斜面は到底無理ですので、緩斜面を何回も滑ります。

Img_2718
この日は朝から家族4人が一緒に行動しました。チビ二等兵は基本的は直滑降ですが(笑)、転ばずにどんどん行ってしまいます。ちょっと止まっていると、勝手に見えなくなってしまいます。どうやら楽しくて仕方がなくなったようで、なかなかやめようとしません。チビ軍曹もどんどん調子がでてきて、リフトにも1人で乗ると言い出すほど。気が付くと、10:40から滑り始めて、4時間券で滑れる14:50ギリギリまでリフトに乗っていました。時間がもったいなくて、ランチも食べずに滑り続けたありさまでした。
とにかくチビずが楽しめたので、連れていったかいがありましたね。

Dsc_0671_2
初日の夕食は近くにある「ココット」というハンバーグ屋さんに行ってみました。
お店は真っ暗な森の奥にあって、本当に開いているのか不安になるような場所でしたが、なんとここが大正解のおいしさ。

Dsc_0683
自家製ハムのサラダ。
ドレッシングも自家製です。大量にかけてありますが、ほとんどが野菜をすりおろしているそうで、まったく脂っぽくありません。ハムの味とあいまった、本当においしいサラダでした。かなり大きくボリュームも満点でした。

Dsc_0684
「ココット」という煮込み?ハンバーグ。
ふわふわしたハンバーグとパスタの上にチーズをのせて焼き上げたもの。
これも見た目と違って、脂っぽくないです。

Dsc_0685
定番メニューのハンバーグ2品。
左はレギュラーハンバーグ(ブラウンソース)
右はミソアジハンバーグ(みそ味)
どちらのハンバーグも、肉より野菜を多く含んでいるようで、やはりふわふわした食感がヘルシーでおいしいです。


Imag0257
ゴルフで家族4人が泊まりのスキーに行くのは、荷室の容量からするといっぱいいっぱいです。。チビずの道具類はレンタルなので、これでブーツが2足分増えると、トランクには入らないかもしれません。
こんなときだけ大きなクルマが欲しいなという想いがよぎりますが、他の荷物を減らしたり、いざとなればルーフボックスでも付ければいいのです。年に数回のためにボディを大きくするのは運動性能とトレードオフの代償としては大きすぎます。どうしても必要なら2台目として導入すればいいので、工夫でなんとかなっている現状を考えると、ゴルフというクルマが世界中で支持されている理由が納得できます。
おおよそ実用車に必要な資質を満たすために設計されているのがゴルフなんだということなのだと感じます。ゴルフをベンチマークとして開発しているクルマは多いのは、こうした日々の使い勝手も含めてベンチマークだということかもしれません。

| | コメント (0)